ウイングアークとスカイディスク

工場内の生産状況が可視化できる

製造業向け「MESソリューション」とAI(人工知能)活用で協業

 

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:内野弘幸)と株式会社スカイディスク(本社:福岡市中央区、代表取締役 CEO:橋本司)は、ウイングアークが提供する情報活用ダッシュボード「MotionBoard」を中心にした製造業向けMES(Manufacturing Execution System:製造実行システム)ソリューションと、IoT分野に適した解析ノウハウで、人では気づかない故障予知や正常異常判定ができるクラウドAIプラットフォーム「SkyAI(スカイエーアイ)」の連携、および製造業でのAIの利用促進において協業します。

■「MESソリューション」と「SkyAI」の連携について

 製造業の生産現場では、設備の稼働率向上や品質改善を目的に、設備のセンサー等からデータを取得し、予知保全や不良予測といった将来予測へ活かすことに対する関心やニーズが高まっています。

 ウイングアークは、設備からのIoTデータや人が入力したデータなど、生産ラインにおける様々なデータを収集・蓄積し、「MotionBoard」で工場内の設備毎の稼働率・稼働状況や、生産状況の把握など、リアルタイムで“生産現場の可視化”を実現する「MESソリューション」を提供しています。

 このプラットフォームに統合されたデータに対して、予測分析など時系列データの解析モジュールを提供するスカイディスクの「SkyAI」を連携させ、蓄積したデータからAI学習モデルを生成し、良品判定や設備の不良予測などをわかりやすく表示することができるサービス(図1)を展開します。

 *図1は添付の関連資料を参照

 「MotionBoard」で目的となる設備の稼働率向上や品質改善のためのデータが整理されているので、AI活用に取り組みやすいことに加え、スカイディスクの「SkyAI」はクラウドサービスで提供されており、アジャイル開発をしながら、運用時のモデル学習等を柔軟に対応できる点が特長です。その結果、費用対効果を段階的に見極めながらAIの活用ができるようになります。

 また、AI学習モデル作成を含めた導入支援サービス(図2)も用意します。これにより、包括的な生産現場の高速PDCAを可能にし、AIを活用した将来予測への取り組みを支援します。

 今後両社は製造業でのAI活用において、共同研究をしていきます。

 *図2は添付の関連資料を参照

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463214_01.png

図2

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463214_02.png

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463214_03.pdf