プレスリリース

ノークリサーチ、2017年中堅・中小企業における「CRM」の導入社数シェアと現状の課題を発表

2017/10/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年中堅・中小企業における「CRM」の導入社数シェアと現状の課題

 

 ノークリサーチ(本社〒120-0034 東京都足立区千住1-4-1東京芸術センター1705:代表:伊嶋謙ニ TEL:03-5244-6691URL:http//www.norkresearch.co.jp)は2017年の国内中堅・中小市場におけるCRMの導入社数シェアおよび現状の課題に関する調査を実施し、その分析結果を発表した。本リリースは「2017年版中堅・中小企業のITアプリケーション利用実態と評価レポート」の「CRM」カテゴリに関するサンプルおよびダイジェストである。

<マーケティングオートメーションの要素も加味したクラウド主体の進化が今後のカギ>

 ■僅差でシェアを争う状況から、セールスフォースと日本マイクロソフトがやや抜け出る展開

 ■運用形態に占める「ASP/SaaS利用」の割合は16.7%(2016年)から32.4%(2017年)に大幅増

 ■優先すべき課題は「Webページ最適化」より「メールマーケティング」と「既存システム連携」

 対象企業:日本全国/全業種の500億円未満の中堅・中小企業

 対象職責:以下のいずれかの権限を持つ社員

  「情報システムの導入や運用/管理の作業を担当している」

  「情報システムに関する製品/サービスの選定または決裁の権限を有している」

 調査実施時期:2017年7月〜8月

 有効回答件数:1300社(有効回答件数)

 ※調査対象の詳しい情報については右記URLを参照 http://www.norkresearch.co.jp/pdf/2017itapp_rep.pdf

◆僅差でシェアを争う状況から、セールスフォースと日本マイクロソフトがやや抜け出る展開

 以下のグラフは導入済みの主要な「CRM」製品/サービス(複数回答可)を尋ねた結果を年商500億円未満全体で集計したものだ。(本リリースの元となる調査レポートでは年商別、業種別、地域別などの様々な集計データが含まれる)

 *グラフ資料は添付の関連資料を参照

 CRMは以前から多数の製品/サービスが僅差で導入社数シェア順位を争う状況が続いてきた。しかし、2017年はこの状況に変化が生じ、「Salesforce Sales/Service/Marketing Cloud」と「Microsoft Dynamics CRM/365」の2つの製品/サービスが2割超の導入社数シェアで他の製品/サービスとやや差をつける状況となっている。いずれも外資系ベンダであり、ASP/SaaS形態に注力しているという点で共通している。

 また、2017年の調査レポートでは「営業支援(SFA)」を起源とする製品/サービスだけでなく、「マーケティングオートメーション(MA)」を主体とした製品/サービスも選択肢に加えている。(具体的な製品/サービスの一覧は本リリース末尾を参照)上記の導入社数シェア順位で10位に位置している「カスタマーリングス」はそうした具体例の1つだ。マーケティングオートメーションの導入割合は現時点ではまだ少ないが、eコマースの重要性などが更に高まるにつれて中堅・中小市場においても注視しておくべき動きになっていくと予想される。

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0459268_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0459268_02.pdf

注目コンテンツ