LINEでExcelに入力ができる日本初の音声AIによる

ドキュメント作成サービス『SPALO(スパロ)』を提供開始

〜スマートフォンに入力した音声をAIが解析し、電子ドキュメントを自動作成〜

 

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売する株式会社ミロク情報サービス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:是枝周樹 以下、MJS)の100%子会社である株式会社ビズオーシャン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:堀貢一 以下、ビズオーシャン)は、音声AI(※1)によるドキュメント作成サービス『SPALO(スパロ)』(※2)の提供を2017年10月3日より開始します。『SPALO』は、LINE BOT(※3)およびIBM Watson日本語版のAPI「Conversation Service」(以下「IBM Watson」)を活用し、スマートフォン内でオリジナルBOTと会話することで、手軽にビジネスドキュメントを作成できる新しいサービスです。

■開発の背景

 日本国内におけるスマートフォンの普及率は全世代で71%となっており、特に20〜30代は90%を超えています(平成28年総務省調べ)。あわせてビジネスシーンでの利用も進んでいますが、スマートフォンアプリでのExcelのダウンロード数は、Google Play でのランキングが200位以下(2017年10月1日現在)など、使用頻度は高いとは言えません。スマートフォンのキーボードは小さく入力に長時間を要し、わずらわしさを感じるためです。

 ビズオーシャンでは、この入力のわずらわしさに着目し、キーボードではなく、音声AIによる入力サービス『SPALO』を開発しました。

■『SPALO』の機能・使い方

 『SPALO』は報告書や業務日報などのドキュメントへの音声入力を可能にするサービスです。ユーザーはLINEを使って必要な情報を話すだけでドキュメントを作成することができます。

 音声入力したデータは手作業で編集でき、作成中の書類データは随時プレビューできるほか、完成データをPCへ送付して閲覧・編集したり、Excel以外のWordや外部データベース、システムとの連携も可能です。また、現在使用しているドキュメントのフォーマットをそのまま変更せずに使用することもできます。

 ◇参考画像は添付の関連資料を参照

■従来のチャットボット(※4)との違い

 従来のチャットボットにおける音声テキスト入力システムでは、音声で入力された内容をそのまま表示させるものが大半を占めています。『SPALO』では音声入力された文章を「IBM Watson」が品詞分解した上で入力する、マッピング技術を採用しています。これにより、入力されたさまざまな音声を「IBM Watson」が解析・分類し、ドキュメント(報告書・帳票など)内の正しい項目を選び出し自動入力を行います。記入項目が複数存在するようなドキュメントも、音声だけでかんたんに作成できるようになります。

 ※音声AIによるマッピング機能等は、『SPALO』にて株式会社ビズオーシャンで特許出願中です(特願2017-127137)。

■導入による効果

 パソコンが使いづらい状況にある移動中の営業担当者、屋外の建築現場、介護施設などでの書類作成が、その場で音声入力するだけで可能になります。事務所に戻ることなく、またPCなどを立ち上げなくても書類作成ができるため、時間短縮による労働生産性の向上につながります。

■今後の展望

 ビズオーシャンは、日本最大の無料テンプレートサイト『bizocean(ビズオーシャン)』を運営しており、これまでの紙のビジネス文書をWordやExcelなどの電子ドキュメントへ変換することに貢献してきました。『SPALO』の公開により、単なるテンプレートの提供でなく、ダウンロードしたドキュメントの入力・編集までサービスの範囲を拡大します。

 2018年3月までに、10万人のユーザー獲得を見込んでいます。

■サービスロゴ

 ◇添付の関連資料を参照

 ◇リリース詳細は添付の関連資料を参照

 *『SPALO』は、株式会社ビズオーシャンにて特許出願中です(特願2017-127137)。

 *WordおよびExcelは、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。

 *LINEは、LINE株式会社の商標または登録商標です。

 * IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。

 *Google Playは、Google Inc.の商標または登録商標です。

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0459177_01.png

サービスロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0459177_02.png

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0459177_04.pdf