プレスリリース

コニカミノルタジャパンとソリトンシステムズ、次世代プラットフォームWorkplace Hub搭載ソリューションを共同開発

2017/10/02 ソリトンシステムズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コニカミノルタジャパン株式会社と株式会社ソリトンシステムズ

次世代プラットフォームWorkplace Hub搭載ソリューションを共同開発

 

 コニカミノルタジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原口 淳、以下 コニカミノルタジャパン)と、株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鎌田 信夫、以下 ソリトンシステムズ)は、コニカミノルタジャパンが国内で発売予定のWorkplace Hubにソリトンシステムズの製品を搭載することで合意しました。

 今回の協業は、ソリトンシステムズが持つSoliton CloudConnectorとNetAttest EPSを、コニカミノルタが開発中の次世代プラットフォームWorkplace Hub上で稼働させることで、中小企業におけるIT管理者の大幅な負荷軽減を実現するものです。

 Workplace Hub とSoliton CloudConnector、NetAttest EPSの3つの機能を組み合わせることでクラウドとオンプレミスが統合された"ハイブリッドクラウド"の環境が容易に構築できます。Workplace Hubが、中小企業の"多機能コンセントレータ=HUB"の役割を果たすことで、これまでクラウドサービス利用時のIT管理者の悩みであった、運用ポリシーの統一化、セキュリティーリスクの課題を解決し、同時に、運用にかかわる管理者の作業も大幅に低減します。これにより、日本国内の中小企業において、「高度なクラウド活用とセキュリティの確保」、「IT管理負荷の大幅低減」の両立を実現します。

 ※図1は添付の関連資料を参照

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0458922_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0458922_02.pdf

注目コンテンツ