プレスリリース

NTTデータ、行動データを活用したリアルタイムマーケティングソリューションの提供を開始

2017/09/27 エヌ・ティ・ティ・データ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行動データを活用したリアルタイムマーケティングソリューションの提供を開始

 

 株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)は、トレジャーデータ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三橋 秀行、以下:トレジャーデータ)のTREASURE CDP、株式会社unerry(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:内山英俊、以下unerry)のBeacon Bank(R)を採用し、行動データを活用したリアルタイムマーケティングソリューションを2017年10月1日から提供開始します。

 これまでのECサイトのマーケティングでは、顧客が自社サイトに訪問して初めて顧客の動向を知ることができました。今回、TREASURE CDPに収集するWebアクセスログ等の各種ログと、Beacon Bankが保有する実世界での位置情報ログをマーケティングに取り込むことで、自社サイト以外での顧客の行動をオンライン、実世界の両面から知ることができるようになります。そこにNTTデータのリアルタイムソリューションを繋ぐことで、顧客が興味を持ったタイミングを逃さず、アプローチすることが可能となります。当該ソリューションを導入することで、顧客の興味・関心を即座に収集し、また的確に捉えたオファリングを実現することでマーケティング効果を最大化します。

【背景】

 近年、自社に蓄積されたビッグデータを活用し、利用者にとって最適なオファリングを行うことで、マーケティング効果を最大化しようとする動きが高まっています。

 NTTデータでは、従来のマーケティングオートメーション(※1)に加え、

 1. 顧客理解の深化

 2. 顧客コミュニケーションの最適化

 を軸に、マーケティングのさらなる高度化を目指してきました。

ところが、これまでの自社データを中心としたマーケティング分析では、顧客に対する理解は自社のスコープを超えることができず、顧客の興味・関心を広範囲に捉えてタイムリーにオファリングを行いたいという要望に応えることができていませんでした。

 そこで、自社のスコープ外での顧客の行動から、顧客に対する理解をより深めるために、オーディエンスデータ(※2)や実世界行動データ収集のBeacon Bank(unerry)と連携し、NTTデータの持つリアルタイム処理技術と組み合わせることで、顧客の興味・関心を的確に捉えて、必要な時に必要なオファリングを提供する、リアルタイムマーケティングソリューションの提供を開始することとなりました。

 また、デジタルマーケティングのデータ統合ソリューションTREASURE CDP(トレジャーデータ)を採用することで、大容量の購買取引データやWeb閲覧データ、各種アプリケーションやモバイル端末のログなどの行動データ等の収集・分析を可能とします。

【概要】

 リアルタイムマーケティングソリューションは、NTTデータのリアルタイム処理技術をベースとして、顧客に即座にアプローチしていくマーケティングシステムです。

 今回、このリアルタイムマーケティングソリューションに、行動データをインプットすることで、顧客が訪問したWebサイトやロケーションを把握することが可能となります。行動データは、オファリングの機会捕捉や最適なコンテンツの選択などさまざまな用途で活用でき、顧客理解の観点で、非常に貴重なデータとなります。

 また、顧客のロケーションを即座に捕らえることで、顧客が必要としているタイミングでのアプローチが可能となります。

 例えば、顧客が訪問したロケーションやWebサイトの情報をマーケティングの条件に組み込むことで、特定のロケーションにいる顧客に対してタイムリーにオファリングを行うことが可能になりますし、取得された顧客の行動データを分析することで、適切なオファリングのタイミングを探ることも可能となります。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0458514_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0458514_02.pdf

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ