当社海外子会社に対する訴訟の提起について

 

 当社連結子会社の東芝アメリカ社(以下、TAI)等は下記の通り、訴訟の提起を受けましたのでお知らせします。なお訴額が少額であるうえPL保険(生産物賠償保険)により補償されていたこともあり、現地における当社への開示連絡の要否の判断に時間を要しました。そのため当社での把握が9月21日となりました。

     記

1.TAIが訴状を受領した日

 2017年8月22日(米国現地時間)

2.訴訟提起の概要及び経緯

 原告は、当社グループ会社製のパソコンが発火し、原告の所有物に損害を与えたとして、TAIに対し、当該損害に対する賠償等を求める訴訟を提起しました。

3.原告の概要

 (1)名称:個人

 (2)所在地:アメリカ合衆国ヴァージニア州

4.訴訟の内容(訴額)

 原告は、TAIに対して5,059米ドル(約55万円)の損害賠償等を請求しております。

5.当社子会社の概要

 東芝アメリカ社

 (1)所在地:1251 Avenue of the Americas Suite 4110,New York,NY 10020,U.S.A.

 (2)代表者:大谷 文夫

 (3)資本金:1,869,590千米ドル

 (4)事業内容:持株会社,並びに米国における部品・原材料の調達及び東芝グループ企業への米国からの輸出

6.今後の対応

 提訴の内容を精査した上で、適切に対応して参ります。なお前述の通り当該損害に対する補償はPL保険の対象となっているため当社の業績への影響は軽微であり、2017年8月10日に公表の2017年度業績見通しに変更はありません。

以上