飲食店向けオーダリングサービスに新ラインアップが登場

〜「Linktoセルフオーダー」がメニュー画像に対応〜

 

 セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉市美浜区中瀬1−8、TEL:043−273−3111、以下 セイコーソリューションズ)は、スマートデバイスを活用した飲食店向けオーダリングサービス「Linkto(リンクト)セルフオーダー(https://www.seiko-sol.co.jp/products/link-to/link-to_self-order/)」の新ラインアップとして、メニュー画像表示に対応したサービスの提供を9月20日より開始いたします。これにより、従業員の人手不足や海外からのお客さまへの対応など、ますます要望が高まる飲食店の運用課題解決に貢献いたします。

 「Linktoセルフオーダー」は、店舗のスマートデバイスを使って、飲食店に来店されたお客様自身で注文ができるサービスです。すでにサービス提供中のメニュー番号で入力する「ナンバー入力タイプ」に加え、メニュー画像表示に対応したサービスを新たに提供いたします。

 今回リリースするサービスは、注文入力画面を3通りの表示パターン(メニューブックやホームページなどのイメージ、メニュー画像、メニュー名称)から選択することが可能です。また、従来の「ナンバー入力タイプ」で好評な「日本語/英語/中国語(繁体字)」の3カ国語切替表示にも対応するなど、お子さまや外国人のお客さまでも簡単に注文できる機能が搭載されています。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

【特長】

 ・スマートデバイスを利用した簡単なオーダー入力操作を実現します。

 ・メニュー画像にタッチするだけで、注文が行えます。

 ・2階層のカテゴリー設定で、メニューがすぐに検索できます。

 ・ガイダンスを日本語/英語/中国語(繁体字)で切替表示できます。

 ・オーダリングシステム「MONSTERA(モンステラ)」と接続可能なサービスです。

 ・MONSTERA用マスターを流用するため、メンテナンスが楽に行えます。

 *参考資料は添付の関連資料を参照

【Linkto(リンクト)とは?】

 *ロゴは添付の関連資料を参照

 「Linkto(リンクト)(https://www.seiko-sol.co.jp/products/link-to/)」シリーズはセイコーのオーダリングシステムと連携するスマートデバイスを使ったアプリケーションサービスの総称です。

 セイコーソリューションズは、飲食店や飲食店に来店するお客さまの満足度向上のお役にたてるよう今後もアプリケーションの拡充を進めてまいります。

 ※Linktoロゴはセイコーホールディングス株式会社の商標登録です。

 

◆お問い合わせ先

 お客様からのお問い合わせ先:

 セイコーソリューションズ(株)

 データサービス本部 フードサービスソリューション統括部

 FS営業部 FS企画課

 tel:043−211−1702

 e−mail:support@seiko-sol.co.jp

 もしくは、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

 https://form.seiko-sol.co.jp/m/ordershuttle/

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0457730_01.JPG

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0457730_02.png

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0457730_03.jpg