プレスリリース

富士通研究所、データ分析を加速するデータ準備作業の自動化技術を開発

2017/09/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

データ分析を加速するデータ準備作業の自動化技術を開発

 

 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、様々な目的で作成されたデータを集めて利活用する際に必要となるデータの表現形式などを整形して統合するデータ準備作業を自動化する技術を開発しました。

 企業やソーシャルメディアなどに散在する形式も粒度も異なるデータを活用可能な形に整形・統合するには、それぞれのデータの中身を十分に把握した上で行う必要があり、場合により数週間から数カ月といった膨大な時間がかかります。そのため、これまでは貴重なデータ資源の多くは手つかずのまま活用されないといった課題がありました。

 今回、富士通研究所は、複数のデータを連携して分析する際、最終的に得たいデータ統合結果の例を定義することで、データ整形・統合処理を自動的に行う技術を開発しました。

 本技術を、過去に行われた約8,000件のPOS購買データからマーケティング分析するデータセットに適用した結果、今まで5日かかっていたデータ準備作業が約半日で完了し、データ分析のための準備期間が短縮できることを確認しました。本技術により、企業間のデータ相互活用やデータ流通を促進し、データ分析を加速することで新たな知見をもとにした、企業の新ビジネス創出に貢献します。

■開発の背景

 近年、POSデータとソーシャルメディアデータなどを組合せたマーケティング分析や、地域病院から集めた電子カルテを分析した創薬研究など、様々なデータを統合し利活用した新規ビジネス創出や新製品開発がますます重要になってきています。富士通研究所では、必要な様々なデータ処理技術をデータ流通・利活用の視点で体系化し「Data Bazaar(データ バザール)」と呼んで研究を進めています(図1)。このData Bazaarは、散在する様々なデータを効率的につながる形に整形・統合・分析し、抽出した価値を安心かつタイムリーに利用者に届けることで新ビジネス創出の機会へつなげるための、包括的なデータ処理基盤技術群から構成されます。今回、この構成要素の一つとして、データをつながる形に自動的に整形・統合する技術を開発しました。

 例えば、この技術を用いて自社のPOSデータと天気情報などを連携して分析することで、自社データの分析だけでは気づくことが難しかった知見が得られるなど、販売戦略立案や新商品開発に活用することができます。

 ※図は添付の関連資料を参照

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

■商標について

 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0457418_01.png

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0457418_02.pdf

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ