お客様の独自情報やノウハウを蓄積し活用できる機能を搭載

土木工事積算システム『Gaia10(ガイア テン)』新発売

 

 株式会社ビーイング(本社:三重県津市、代表取締役社長 末広 雅洋、以下ビーイング)は、数多くのお客様にご好評をいただいております土木工事積算システム『Gaia』シリーズの最新版として、『Gaia10』の販売を本年10月上旬より開始いたします。積算根拠蓄積機能等、積算業務をより正確に、より効率よく行っていただくことができる便利な機能を搭載しました。ビーイングは今後も優れたソフトウェア、サービスの提供を通じ、あらゆる業務改善に取り組まれるお客様を、継続的に支援してまいります。

▼『Gaia10』の主な特長

 1. 積算根拠蓄積機能を搭載

 積算検証で用いた根拠データをノウハウとして蓄積し、次回の積算に活かす情報サイクルを実現しました。

 お客様が独自で入手された積算検証時の根拠資料、見積単価や見積歩掛を積算根拠データとしてシステム内に蓄積。次回積算時は、蓄積された過去の積算根拠データから必要な情報を手早く検索し、活用できます。積算検証の回数を重ねるほど次回以降の積算精度が向上する便利な機能です。

 2. 検索機能の強化

 年々増加し続ける膨大なデータの中から、適切な工種・単価データを効率よく抽出する検索機能を搭載しました。検索条件を同じウィンドウ内に明示し、指定した条件での絞り込みや特定の条件に一致したデータを優先的に表示することで、誤った単価・工種を選択するといった積算ミスを防ぐだけでなく、データ検索の手間を軽減します。

 3. チェック機能の強化

 補正がかかっている箇所には、アイコンをつけ目立たせて表示させることにより、補正の誤りを防止します。

 積算結果のチェックを手間なく確実に行うことができ、積算効率の向上に効果を発揮します。

▼発売時期、商品価格

 ・商品名:土木工事積算システム『Gaia10(ガイア テン)』

 ・発売時期:2017年10月上旬

 ・商品価格:要お問い合わせ

▼株式会社ビーイングの会社概要

 株式会社ビーイングは、土木工事積算システムのトップシェアブランド『Gaia(ガイア)』シリーズ(*)をはじめ、ASP工事情報共有システム『BeingCollaboration』シリーズやプロジェクト管理ソフト『BeingManagement』シリーズなど創業から30年以上にわたり培ってきた業務システム開発の技術力とノウハウを活かし、建設業界のみならず様々な分野で、業務改善や経営改革のソリューションを提供しています。

 *財団法人経済調査会調べ「積算ソフト利用実態調査」「建設ITガイド 2007」

 ・平成11年 JASDAQ市場上場(証券コード:4734)

▼商標

 『Gaia』『BeingManagement』『BeingCollaboration』は、株式会社ビーイングの登録商標です。

 *記載の商品名、問い合わせ先などは、本リリース発表時点のものです。