ネットワンシステムズ、国内で初めて、

クラウドへのインターネット接続経路と性能を可視化するサービスを提供開始。

重要性が高まるクラウド利用/提供において、トラブル時の原因分析時間を大幅に短縮

〜クラウド利用企業は、重要な業務システムのクラウド利用を拡大可能。

クラウド提供企業は、インターネットを含めた品質を把握可能で、利用者の満足度を向上〜

 

 ネットワンシステムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:吉野 孝行、以下 ネットワンシステムズ)は、国内で初めて、クラウドへのインターネット接続経路と性能を可視化する「クラウドアクセス可視化サービス」を、6月30日より提供開始します。主な販売対象は、クラウドサービスを利用する企業と提供する企業の双方です。目標売上は初年度3億円です。

 近年、ERP/オフィススイートなどの企業向け業務システムや、ネットバンキング/Eコマースなどの消費者向けサービスなどで、クラウドサービスの重要性が大きく高まっています。

 しかし、クラウドサービスへのアクセスはサービス利用/提供企業の“管理外”となるインターネットを経由するため、接続不可や体感品質低下といったトラブル時の原因分析に多くの時間を要するという課題がありました。

 「クラウドアクセス可視化サービス」は、クラウドへのインターネット接続経路と性能を可視化することで、トラブルの原因を企業管理内/外で切り分ける時間を大幅に短縮するとともに、インターネットが原因の場合には、その影響地域や状況を把握可能にするサービスです。

 これによって、クラウドサービス利用企業は、重要な業務システムのクラウド利用を拡大させることが可能になります。また、クラウドサービス提供企業は、管理外のインターネットを含めたサービス品質を把握可能になり、利用者の満足度向上に寄与します。そして、双方ともに、トラブルに関連する運用管理負荷とコストを大幅に削減することが可能になります。

 *参考画像・リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ※記載されている社名や製品名は、各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0448304_01.PNG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0448304_02.pdf