プレスリリース

セールスフォース・ドットコム、データ管理プラットフォーム「Salesforce DMP」を国内で提供開始

2017/06/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セールスフォース・ドットコム、

革新的なデジタル広告を実現するデータ管理プラットフォーム

「Salesforce DMP」を国内で提供開始

 

 株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:小出伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)は、Salesforce Marketing Cloud の機能を拡張するために、データ管理プラットフォーム(DMP)「Salesforce DMP」を国内で本日から提供開始することを発表しました。昨年 Krux を買収したことで、Salesforce は高度なクロスチャネル型の広告配信管理と Salesforce のデータを活用するデジタル広告を新たに加えました。これにより、マーケターは最適なメッセージを最適なタイミングであらゆるチャネルから配信するためのオーディエンスのセグメンテーションを有効化することができます。

■常時つながっている時代、マーケティング手法も大きく変化

 従来の DMP は、Web の Cookie 収集および配信プラットフォームとして構築されており、Cookie をオーディエンスのセグメントに関連付け、広告のターゲットとして有効化することに留まっていました。しかし昨今、顧客の関心はテレビやデスクトップコンピューターから常時接続可能なさまざまなモバイルデバイスへと移行しています。それに伴いマーケターは、顧客や見込み客を新しいカタチで特定してつながることができる DMP を必要としています。今日の DMP に求められているのは、複数のデバイスや CRM システム、メールマーケティングキャンペーン、ソーシャルネットワーク、コマースおよび POS ソリューションなど、広範囲にわたるソースから種類の異なる膨大な量の顧客データを取り込んで分析できる機能です。

 このように顧客のトレンドが大きく変化していることは、あらゆる業界の企業にとって、よりスマートなマーケティング手法を確立するチャンスです。事実、Forrester 社によると、データ管理プラットフォームに対する 2016 年の総投資額は 8 億 9,660 万ドルと予想されていますが、この額は来年以降年平均 38.1%の割合で増加し、2021 年には 45 億ドル規模にまで成長する見込みです(1)。これは、ユーザーベースがエンタープライズレベルの小売企業や消費者マーケター、出版社から、医療、保険、その他の金融サービス企業へと拡大するためです。

■Salesforce Marketing Cloud でスマートなマーケティングを大規模に展開

 Marketing Cloud に新たに Salesforce DMP が加わることで、対象とする顧客のセグメンテーション機能やターゲティング機能が拡張し、さらに精度の高い大規模なデジタルマーケティングを支援します。マーケターは、Salesforce の既存の顧客データをはじめ、あらゆるソースからデータを取得し、対象とする顧客の統合、セグメンテーション、有効化を行って、よりスマートなデジタル広告を提供できます。また、Marketing Cloud に組み込まれた Einstein の AI(人工知能)技術を活用すれば、数十億のプロファイルと数兆のカスタマーエンゲージメントイベントから新しい有望なセグメントを特定することができます。

 1 Forrester 社のブログ『Salesforce Closes their Marketing Cloud Gap with Krux』(2016 年 10 月 4 日)

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0447868_01.pdf

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ