インフラ構築/運用

プレスリリース

三井住友FGとNTTコムなど、人工知能(AI)を活用したLINEでの自動チャットサービスを提供

日経プレスリリース

2017/05/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人工知能(AI)を活用したLINEでの自動チャットサービスのご提供について

 

 株式会社三井住友フィナンシャルグループ(取締役社長グループCEO:國部 毅、以下「SMFG」)およびSMBC日興証券株式会社(取締役社長:清水 喜彦、以下「SMBC日興証券」)と、NTTコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:庄司 哲也、以下「NTTCom」)は、アクセンチュア株式会社(代表取締役社長:江川 昌史、以下「アクセンチュア」)の支援のもと(※1)、人工知能(AI)を活用した自動チャットサービス(以下「AIチャットボット」)を共同で開発し、2017年5月25日よりSMBC日興証券のコンタクトセンターにて、LINE問い合わせサービスの拡充機能として提供を開始いたします。

 AIチャットボットは、お客さまがLINEのトークで入力された内容を高い精度で理解し、自動ですばやく最適な返答を行うサービスです。

 SMBC日興証券のコンタクトセンターでは、2016年5月にホームページ上で、さらに同年9月にはLINEでオペレータによるチャットサービス(※2)を開始していますが、今回のAIチャットボットの導入により、お客さまからのお問い合わせに対してより迅速な対応が可能となります。なお今後は、チャットサービスをご利用いただけなかった夜間や休日の時間帯にもAIチャットボットの提供を予定して

おります。

 このたび提供を開始するAIチャットボットは、口座開設方法のほか、新規公開株式(IPO)、NISA、マイナンバー、ダイレクトコースのご案内に対応し、今後は、株価照会や投資信託の銘柄選びなど、サービス範囲を順次拡充してまいります。

 

 *リリースの詳細は添付の関連資料を参照

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリースの詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0445456_01.pdf

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ