全国詳細地図や航空写真を利用した地図API

「GEOSPACE API」のインバウンド(訪日外国人)向け

日本地図表記機能、検索機能などを強化

〜多言語表記の多様化、駅出入口指定ルート検索追加など〜

 

 デジタル地図の整備・制作および、空中写真を含む空間情報コンテンツの販売を行うNTT空間情報株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長 猪瀬崇)は、このたび、日本全国の詳細地図や高精細な航空写真を手軽に利用できる地図APIサービス「GEOSPACE API」のバージョンアップ版の提供を開始いたしました。

 「GEOSPACE API」は、山間部や離島などを含む、最大規模の日本全国の詳細地図や航空写真を使ったアプリケーションを開発できるAPIサービスとして、動態管理システムや商用マップサービス開発などの様々な用途に、リーズナブルな料金でご利用いただけます。

 このたび、訪日外国人や観光客向けの案内地図にご活用いただいているお客様からのご要望にお応えして、提供中の13の多言語地図に(1)各言語と日本語の併記機能、(2)有名な建造物をわかりやすくビジュアル化したランドマークアイコン表示機能、(3)スマホアプリなどで地図のヘディングアップが可能な回転機能、(4)デジタルサイネージなどで活用される高画質な4Kディスプレイへの対応、などを追加いたしました。

 また、流通分野のお客様よりご要望の多かった駅出入口検索機能、ETC割引料金の検索機能も新たに追加し、配車管理、運行管理等においてより便利にお使いいただけるようになりました。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0445426_01.pdf