情報セキュリティ

プレスリリース

ドキュサイン・ジャパンと日本情報経済社会推進協会、電子契約サービスで協業

日経プレスリリース

2017/05/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JIPDECとドキュサインが電子契約サービスで協業

 

 本日、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が、ドキュサイン・ジャパンと電子契約サービスで協業する旨を発表しました。

 本協業により、ドキュサインの提供する電子署名とデジタル・トランザクション・マネジメント(DTM)のプラットフォーム上で、「JCAN(ジェイキャン)証明書」が利用できるようになります。

 詳細は、JIPDECのリリースをご確認ください。

 https://www.jipdec.or.jp/topics/news/20170518.html

■ドキュサイン・ジャパン株式会社に関して

 ドキュサイン(DocuSign(R))は、時間や場所、デバイスを問わずに、誰でも安心して安全な環境で書類の署名、送付、管理を可能にし、業務プロセスのデジタル化を実現する「デジタル・トランザクション・マネジメント:DTM」を通じて、企業のビジネスプロセスを変革します。ドキュサインのDTMプラットフォームは、承認、決断、ワークフロー、署名を完全にデジタル化します。

 ドキュサインは、現在188ヶ国において30万社、2億人を超えるユーザーにより利用されており、毎日平均30万人のユニーク・ユーザーがドキュサインのグローバル・トラスト・ネットワークに加わっています。

 詳細については、ウェブサイト< https://www.docusign.jp/ >をご覧ください。

 ドキュサイン・ジャパンは、米DocuSign, Inc.の日本法人です。

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ