情報セキュリティ

プレスリリース

セコム、中国のハイアールグループとホームセキュリティー市場開拓の戦略的パートナーシップを提携

日経プレスリリース

2017/05/12

セコム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セコムが中国・海爾集団(ハイアールグループ)と

中国のホームセキュリティ市場開拓の戦略的パートナーシップを提携

ハイアールの「スマートホーム・システム」とセコムの「セキュリティサービス」で

「安全・安心・快適・便利」な住環境の実現を目指す

 

 セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、このたび海爾集団(以下、ハイアール)と、中国のホームセキュリティ市場開拓の戦略的パートナーシップ提携に合意しました。5月 16 日に中国・青島で調印式を行います。

 現在セコムグループは 21 の国と地域で事業を展開し、この内 12 の国と地域で「セキュリティサービス」を提供しています。

 中国には 1992 年に進出し、日本企業として初の持株会社の認可を取得して、中国グループ各社の管理統轄の役割を担う西科姆中国有限公司(北京市)を設立。現在は 13 社が上海・北京・大連などの沿岸部から、成都・西安などの内陸部まで 25 都市に拠点を持ち、中国最大のセキュリティネットワークを築いて、日本と変わらない品質のサービスを提供しています。

 一方、ハイアールは、冷蔵庫や洗濯機などの白物家電を中心に、世界 165 ヵ国以上で生産・販売を行っており、特に中国では圧倒的な販売シェアを誇っています。

 近年は IoT の発展を成長の機会と捉え、白物家電、AV機器、エアコンなどの製品のインテリジェントハードウェア化を推進し、住居内の各機器を集中制御する「スマートホーム・システム」に力を入れています。この「スマートホーム・システム」は、中国の高級マンション・住宅市場を中心に年間 6〜7 万世帯へ導入されていますが、ハイアールでは「スマートホーム・システム」の商品優位性を高めるために、セキュリティサービスを付加したいと考えていました。

 このたびの戦略的パートナーシップ提携は、ハイアールの「スマートホーム・システム」とセコムの「セキュリティサービス」の融合を中心とした協業を進めることの合意です。具体的には、セコムは長年培ったノウハウを活かした高品質な「セキュリティサービス」を、ハイアールは高級マンション・住宅市場におけるプレゼンスと営業力をそれぞれ提供し、さらに、両社協力して商品企画、商品開発、販売企画を進めていきます。これによって、年間 6〜7万世帯へ導入される「スマートホーム・システム」、および、既に市場に導入されている数十万世帯の「スマートホーム・システム」への「セキュリティサービス」導入を進めるとともに、中国全土のセキュリティ市場拡大と一層の強化を図ります。

 セコムは、中国の家庭向けセキュリティ市場攻略のための強力なパートナーと販売チャネルを得て、中国の「安全・安心」で「快適・便利」な住環境の実現と、双方の事業の発展と企業価値の向上を目指していきます。

<海爾集団(ハイアールグループ)の概要>

 海爾集団は、1984 年に中国山東省青島にて設立され、創業の地である青島を本拠地としています。洗濯機・冷蔵庫・エアコンといった家電の生産を主要業務とする総合電機メーカーで、洗濯機・冷蔵庫の世界シェアは世界 No.1(※1)です。

 ・会社名:海爾集団公司 (Haier Group)

 ・所在:山東省青島市

 ・CEO:張瑞敏(チャン・ルエミン)(海爾集団 董事局主席)

 ・グループ売上:2,016 億元(※2)(30,240 億円(※3)) (2016 年)

 ・グループ利益:203 億元(※2)( 3,045 億円(※3)) (2016 年)

 ・グループ社員数:7.3 万人(※2) (2016 年)

 ・拠点:R&D10 ヵ所、工業団地 21 ヵ所、販売センター66 ヵ所、製造拠点 108 ヵ所(※2)

・上場:傘下の「青島海爾股■有限公司」が上海証券取引所に上場(1993 年)、「海爾電器集団有限公司」が香港証券取引所に上場(1997 年)

 *■印の文字は人偏に「分」の文字です

 ※1:日本経済新聞社「世界の主要商品・サービスシェア調査(2015 年)」

 ※2:海爾集団の発表資料に基づく

 ※3:1 元=15 円で計算

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ