キヤノンITソリューションズ株式会社が

ウェブブラウザ仮想化ソフト「SecureSoft mamoret」の販売開始

 

 株式会社セキュアソフト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:姜 昇旭)はウェブブラウザ仮想化ソフト「SecureSoft mamoret(セキュアソフト マモレット)」を2017年5月10日よりキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神森 晶久、以下キヤノンITS)のキヤノンITSオンラインストアで販売を開始します。

 SecureSoft mamoret(以下、「mamoret」)は、1台のパソコン上でインターネットアクセス環境を分離することで、ランサムウェア等のマルウェアの脅威を封じ込めるSecureSoft i-コンテナ(2016年3月より発売)のサンドボックス技術をそのままに安全なインターネットアクセスを実現するソリューションです。

 mamoretは、パソコンにソフトウェアをインストールするだけでインターネットブラウジング環境だけを仮想化し、通常業務を行うローカル環境から分離します。これにより、マルウェアがPCにダウンロードされた場合でも、マルウェアをmamoret内に封じ込め、ローカル環境への侵入を防止します。mamoretでは、管理サーバの構築が不要なため、PCへインストールするだけで誰でも簡単に低コストで利用できます。

【mamoretとは】

 1.管理サーバは不要、パソコンにmamoretをインストールするだけで利用可能

 2.ランサムウェア等のマルウェアをブラウジング専用環境内に封じ込める

 3.Webからダウンロードしたファイルは、mamoret内に保存されているため、ローカル環境は安全

 

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※リリースの詳細は添付の関連資料を参照

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0444502_02.JPG

リリースの詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0444502_03.pdf