プレスリリース

富士通、ビッグデータ分析基盤マーケティングAIコンテナの機能を強化

2017/05/08 富士通

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング領域でのAI活用を加速するマーケティングAIコンテナの機能を強化

関西電力様「生活リズムお知らせサービス」の生活リズム推定ロジックの分析基盤として採用

 

 当社は、このたび、マーケティング領域でのAI活用を加速するビッグデータ分析基盤マーケティングAIコンテナ(以下、マーケティングAIコンテナ)の機能を強化しました。

 マーケティングAIコンテナは、お客様のデジタル革新を実現するデジタルビジネス・プラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc(注1)」で展開している当社デジタルマーケティング体系「FUJITSU Digital Marketing Platform CX360」のデータ統合基盤「eXperience Data Platform(XDP)(注2)」の構成要素の一つであり、データキュレーションサービスのノウハウを結集した高度な分析環境を、お客様のニーズに合わせて柔軟な形態で提供するサービスです。サービス導入前にお客様向けのデータキュレーションサービスを実施することで、お客様専用の高度分析ロジックを先に構築し、組み込んだ状態での提供も可能です。今回、新たにデータサイエンティストによる分析環境のサポートやDocker(注3)で仮想化されるコンテナの機能強化を行いました。

 マーケティングAIコンテナは、関西電力株式会社(本店:大阪市、取締役社長:岩根茂樹、以下、関西電力)様の提供する、電気料金などの確認や暮らしに役立つコンテンツを配信するWebサイト「はぴeみる電」の生活リズムお知らせサービスである「はぴeまもるくん」の生活リズム推定ロジック分析基盤に採用され、推定ロジックの学習・構築・更新・実行など、高度な分析ロジックを活用する上で必要なすべての機能を、ワンストップで実現しています。

 当社は、今後も企業や業界の枠を超えて人・物やインフラをつなぐことを支援し、お客様の新たな価値創造と競争力強化に貢献していきます。

■背景

 近年、マーケティングに代表されるビジネスの場面で機械学習やディープラーニング(深層学習)といったAIを活用する高度分析へのニーズが高まっています。それに伴い、企業内で”データサイエンティストを育成する ”ことや、データサイエンティストが使用する”分析環境を整備したい”といった要望が多く聞かれるようになってきました。

 しかし、サービスプロバイダーが提供する汎用的な分析環境では、個社ごとに蓄積されているデータの違いや様々な分析ニーズに対して”十分に対応できない”、”カスタマイズすると高価になる”という課題がありました。

 当社は、この課題を解決するため、ビッグデータ分析基盤マーケティングAIコンテナを提供します。

■マーケティングAIコンテナの概要

 マーケティングAIコンテナは、2012年にデータキュレーションサービスを提供開始してからの、個社ごとのデータ活用目的に応じた200以上の高度分析プロジェクトの実績を元に、分析ノウハウ・知識を集約して強化を続けてきたビッグデータ分析に最適な分析環境です。高度分析ロジックを活用する上で必要なすべての機能をワンストップで提供します。

 マーケティングAIコンテナは、データキュレーションサービスでお客様向けに作成した高度分析ロジックをそのまま実行することができるため、PoC(注4)・仮説検証の結果を最小限の導入コストでビジネスに活用していくことができます。

■機能強化のポイント

1.分析の専門家であるデータサイエンティストが分析環境を全面サポート

 データサイエンティストが分析プロジェクトで活用実績のある環境をお客様に提供し、提供後もデータサイエンティストがサポートします。

2.最新の分析用オープンソースソフトウェア(OSS)も当社がサポート

 Python(注5)やPythonに含まれる700以上の分析用パッケージを含め、日々進化している分析用OSSを当社がサポート(注6)します。

3.基盤の共通化による運用コスト削減

 Dockerで仮想化されるコンテナや、Dockerfile(注7)によりノウハウを一元管理することで、ノウハウの維持や継承するためのコストを削減できます。また、Dockerfileから生成する分析環境はどこでも同じ構成になるため、キュレーターが設計した分析環境をそのまま利用できます。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

■商標について

 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0444226_01.pdf

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ