プレスリリース

オープンテーブル、レストラン・飲食店向け予約台帳「ゲストセンター」において経営者など用iPhoneアプリの提供を開始

2017/04/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OpenTable、レストラン・飲食店向け予約台帳「ゲストセンター」において、

経営者・マネージャー用iPhoneアプリの提供を開始

〜iPhoneアプリとApple Watchへのプッシュ通知により、

外出先でもリアルタイムにビジネス状況を把握可能に〜

 

 The Priceline Group(NASDAQ: PCLN)の一員であるオンラインレストラン予約サイトのリーディングカンパニー、オープンテーブル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表 兼 OpenTable Inc.CFO:ジェフ・マコームズ)は、レストラン経営者やマネージャー用のiPhoneアプリを提供開始するとともに、Apple Watchへのプッシュ通知機能を発表しました。

 このiPhoneアプリにより、レストラン経営者ならびにマネージャーは、レストランの円滑な運営に必要なデータ/情報/ツールを24時間常に利用できるため、レストラン内に限らずどこにいても、詳細な情報に基づく迅速な判断ができることで、来店客への更なる上質な「おもてなし」の提供が実現できます。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 iPhoneアプリによるレストラン側への主なメリットは以下の通りです。

 ・外出先でもビジネス状況の把握が可能に:

 来店客の人数や、現在の予約件数、ピーク予定の時間帯をひと目で把握することができます。通常の営業日だけではなく、バレンタインデーやクリスマス、忘年会・新年会シーズンなど多くの来店客が見込まれる特別な日やシーズンにおける予約状況も確認可能です。

 

 ・来店客に対応する準備体制が一目瞭然:

 VIP、多人数グループ、お祝いの席など、あらゆるテーブル予約の状況と情報を把握できます。どのような来店客に対しても、また、「通常の日」や「季節行事の日」などに関わらずどのような時でも、常に柔軟な対応を提供するために、接客スタッフの準備体制を確認できます。

 ・予約と顧客管理の徹底:

 「新規で予約を追加」や「来店客に対するレストランスタッフからのコメントや詳細を確認」、「来店客の情報を更新」などの操作が、いつでも、どこにいても可能です。

 

 ・Apple Watchへのプッシュ通知機能でスピーディーな状況把握を実現:Apple Watchのプッシュ通知により、VIPの来店や、予約の変更・キャンセル、新しい予約受付をタイムリーに確認できるので、常に最新の情報を把握できます。

 ※リリースの詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0443982_05.JPG

リリースの詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0443982_06.pdf

注目コンテンツ