プレスリリース

サイバーエリアリサーチ、地産地消型のエリアターゲティング配信パッケージ「47都道府県バナージャック」を発表

2017/04/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイバーエリアリサーチ、IPジオロケーションの技術を応用しエリアターゲティングの新パッケージを発表

地産地消型のエリアターゲティングパッケージ「47都道府県バナージャック」展開開始

〜第一弾として、福岡県に特化した「福岡バナージャック」をローンチ〜

 

 サイバーエリアリサーチ株式会社(本社:静岡県三島市 代表取締役:山本敬介 以下サイバーエリアリサーチ)は、IPジオロケーションの技術を応用し、特定の地域の広告をその地域のユーザーのみに効果的に届ける地産地消型のエリアターゲティング配信パッケージ「47都道府県バナージャック」を順次展開して参ります。第一弾として、福岡県のバナーをジャックし、福岡県企業の広告を、福岡県のユーザーに向けて配信する「福岡バナージャック」をローンチいたします。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 現在、企業のマーケティング戦略にて、ユーザーの位置情報に応じて地域最適化した情報を届ける、エリアターゲティングという手法が多く使われています。しかし、地方企業の多くがエリアターゲティングを最大限に使いこなせていないのが現状です。サイバーエリアリサーチが提供する「47都道府県バナージャック」は、各都道府県の企業広告を、その地域のユーザーに向けて発信するパッケージとして各地域の特性に合わせたマーケティング活動の支援を実現しました。第一弾として行う「福岡バナージャック」は、福岡県の企業の情報を福岡県の地域のユーザーに絞り広告配信をすることで、ターゲット外のユーザーに広告を表示させることなく、費用対効果の高いマーケティングを可能にしました。

 「バナージャック」は、サイバーエリアリサーチがもつ「IP Geolocation」という独自のテクノロジーを用いて、地域を判別し出稿主の広告を優先的に表示させるパッケージです。企業によっては、地域情報のみならず、気象情報や環境情報等、その他100種類以上のデータを判定しその広告にあったユーザーへの表示も可能です。

 今までも、大手ポータルサイトの純広告等で、地域を指定して広告を配信するサービスは存在していましたが、「バナージャック」では、サイバーエリアリサーチが独自に構築したアドネットワーク全体に広告を配信することにより、多くのWebサイトをまたいで広告を表示することが可能になりました。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0443740_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0443740_02.pdf

注目コンテンツ