プレスリリース

アイレップ、パフォーマンス改善に特化した「Marketia DSP」を提供開始

2017/04/25 アイレップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイレップ、パフォーマンス改善に特化した「Marketia DSP」を提供開始

〜旅行・EC・金融系広告主のテスト導入において、CPAを最大300%改善〜

 

 株式会社アイレップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:紺野俊介、以下アイレップ)は、当社開発統合プラットフォーム「Marketia(R)」のラインナップを拡充し、自社開発によるDSP(※)「Marketia DSP」の本格提供を開始しました。

 「Marketia DSP」は、入札と広告配信面選択に関する独自のロジックを採用した、パフォーマンス改善特化型の広告取引プラットフォームです。本サービスでは、目標とするCPA達成に向けたCPC/CPMをオークション毎に最適化することが可能です。既に旅行・EC・金融・メディア系の広告主など、多種多様な業種でテスト導入を実施し、独自ロジックの導入前後で比較すると、CPAを最大で約300%改善することができています。

 *図は添付の関連資料を参照

 また、パフォーマンスに特化した上で、ブランド毀損を招く可能性のあるWebサイトを除外するなど、ブランドセーフティーな施策と両立できることも特徴の一つです。さらに、DMPとの連携により、購買に最も近い購買検討層や興味・関心層などへのオーディエンスターゲティングや、行動傾向が類似しているユーザーへのオーディエンス拡張配信など、多彩なカスタムターゲティングを実現しています。

 「Marketia DSP」は順次導入を拡大し、さらなるロジックの開発・強化を推進していきます。

 ※DSPとは、Demand Side Platformの略で、広告在庫の買い付けから、配信、掲載面、オーディエンスターゲティングなどを一括して管理できる広告配信プラットフォーム。複数のSSP(Supply Side Platform:媒体側の収益を最大化させる仕組み)との間で、リアルタイム入札(RTB:Real Time Bidding)により広告を売買することで、広告主の求める在庫数・タイミングで広告一表示当たりの価格を決定することが可能。

 *ロゴは添付の関連資料「ロゴ1」を参照

 アイレップは、今後もMarketia(R)のより一層の機能拡充に努め、デジタル領域における企業のマーケティング活動を統合的に支援します。

以上

■株式会社アイレップについて

 アイレップは広告主のマーケティング成果を最大化するデジタルマーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンのSEM領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業を加えることで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導くエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。

—株式会社アイレップ概要—

 <社名>株式会社アイレップ

 <所在地>東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F

 <URL>http://www.irep.co.jp/

 <代表者>紺野俊介

 <設立年月>1997年11月

 <資本金>5億5,064万円 (2016年9月末現在)

 <事業内容>

  広告代理事業

  ソリューション事業

  ツール事業

  その他(デジタルメディア事業等)

 ※アイレップは、D.A.コンソーシアムホールティングスの100%子会社です

■D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社

 <代表者>矢嶋弘毅

 <所在地>東京都渋谷区恵比寿4−20−3 YGPタワー33F

 <設立年月>2016年10月

 <上場市場>東京証券取引所市場第二部(証券コード:6534)

 *ロゴは添付の関連資料「ロゴ2」を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0443504_01.JPG

ロゴ1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0443504_02.jpg

ロゴ2

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0443504_03.gif

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ