コラボレーション

プレスリリース

エアロセンスとZMP、ドローンと自動運転車を連携した有線給電自律飛行の取り組みを開始

日経プレスリリース

2017/04/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エアロセンスと ZMP、ドローンと自動運転車を連携した有線給電自律飛行の取り組みを開始

 

 エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)と、株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒、以下ZMP)は、自動運転車と連携した、有線給電によるドローンの自律飛行の取り組みを開始しました。

 これまでドローンは、バッテリーの制約により、長時間飛行することができず、また通信の規制により、上空からの長距離リアルタイムデータ伝送ができないため、長時間の巡視業務などには応用が難しいという課題がありました。

 これらの課題は、地上と有線でつなぐことで克服することができます。さらに、ZMPのRoboCar(R)ベースの自動運転車両と組み合わせて連携動作をすることで、空と地上の両方から長時間の自動巡視を行うことができるようになります。

 エアロセンスとZMPは、インフラ管理や警備のリーディングカンパニーと協業しながら、特に長時間に渡り、飛行の安全性が求められる、重要インフラ施設やイベント会場周辺でのより効率的な巡視を実現し、環境にやさしく安心して暮らせる社会の構築に貢献していきます。

 取り組み紹介動画はこちら:https://youtu.be/OwIpleo7DOA

 ※システム概要図など参考資料は添付の関連資料を参照

<エアロセンス株式会社について>

 エアロセンスは、ソニーと ZMP の合弁会社として、2015 年 8 月に設立されました。エアロセンスは、ソニーのカメラ・センシング・通信ネットワーク・ロボット分野における技術と、ZMP の自動運転・ロボット技術・産業分野へのビジネス経験を活かし、自律型無人航空機とクラウドサービスを組み合わせた産業用ソリューションの提供を通じて、より効率的なモニタリング・測量・管理・物流等を実現し、環境に配慮し安心して暮らせる社会の構築に貢献していきます。

<株式会社 ZMP について>

 「Robot of Everything 人が運転するあらゆる機械を自動化し、安全で、楽しく便利なライフスタイルを創造する」というミッションのもと、(1)ADAS(先進運転支援)、自動運転技術開発用プラットフォーム RoboCar(R)シリーズ及びセンサ・システムの開発・販売、(2)移動体メーカ(自動車、商用車、建設機械、農業機械、物流搬送機器、屋外作業機械等)向け自動運転等の開発支援、実験代行 RoboTest(R)、(3)物流支援ロボット CarriRo(R)の開発・販売を行っています。そのほか、ソニー(株)との合弁会社である「エアロセンス(株)」や JVC ケンウッドとの合弁会社である(株)カートモ、ハーツユナイテッドグループとの合弁会社である (株)ZEG を通してを通して、ZMP はこれからも世の中に感動を与える製品やサービスを提供してまいります。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

システム概要図など参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0443241_01.pdf

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ