エキサイトとアドウェイズ 台湾現地法人で業務提携

 

 エキサイト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今川聖、以下「エキサイト」)は、連結子会社である台湾現地法人「愛客彩股イ分有限公司(以下「愛客彩」)」の株式の一部を株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長CEO:岡村 陽久、以下「アドウェイズ」)に譲渡し、愛客彩を通じた台湾における事業に関する業務提携を開始することをお知らせいたします。

■業務提携の目的

 エキサイトは、2015年度より重点事業戦略として海外展開を強化する一環として台湾に愛客彩を設立し、インバウンドメディア「Japaholic」を展開しています。また、株式会社オープンエイトへの出資を通じて、同社が運営する、エンゲージメント率の高い動画マガジン「LeTRONC(ルトロン)」との提携を強化しており、同社が注力する全国の地方自治体との取り組み実績を活かすなど、近年のインバウンド需要拡大に対応してまいりました。この度のアドウェイズとの業務提携は、愛客彩のさらなる収益化と台湾における両社の既存事業の強化・拡大ならびに新規事業の創出等を目的としております。

 愛客彩と共同で2016年1月より開始した「Japaholic」は、現在月間140万PV/40万UUを達成しています。訪日外国人旅行者数は毎年堅調に伸びており、2016年は2,403万人で前年比21.7%増であり、過去最高値を更新しています。また、観光庁が2020年には4,000万人という目標を掲げており、これからも拡大する市場であることが期待されます。この度、業務提携をするアドウェイズは、日本国内で最大級のインターネット広告代理店として実績を有し、海外広告事業で順調に売上拡大しています。また、越境EC事業にも力を入れており、株式会社楽一番を2014年10月にグループ化し同事業を本格稼動させ、2016年6月には台湾ファミリーマートと業務提携して利便性を高め、日本企業の台湾向けECサービスを拡充させております。

 今後、エキサイトとアドウェイズは、メディアと越境EC事業の両社間シナジーを推進すると共に、エキサイトの持つ課金事業とアドウェイズの広告事業や配送事業の連携など、相互の事業を有効活用した現地事業の新規展開を進めてまいります。

■株式会社アドウェイズの概要

 所在地 :東京都新宿区西新宿八丁目17番1号

 代表者 :代表取締役 岡村 陽久

 設立  :2001年2月28日

 資本金 :1,605百万円

 事業内容:スマートフォン向け広告事業、インターネット(PC)アフィリエイト広告事業、

 モバイルアフィリエイト広告事業、メディア開発・運営事業

 URL  :https://www.adways.net/