IoTサービス「インテリジェントホーム」のLINE@アカウント開設

「LINE」アプリで自宅のIoT機器を操作することができる機能を5月より提供開始

−インテリジェントホームの LINE@アカウントと友だちになって、ますます便利に−

 

 イッツ・コミュニケーションズ株式会社(以下、イッツコム)と、Connected Design 株式会社(以下、コネクティッド・デザイン)は、2 社が開発し提供する住宅向け IoT サービス「インテリジェントホーム」(※)のLINE@アカウントを開設し、電子錠や IP カメラ、センサーなどの IoT デバイス(機器)のコントロールや確認などができるインテリジェントホーム専用アプリで行う操作の一部を、日常的に利用するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」でも操作できる機能(以下、本機能)の提供を 2017 年5 月より開始いたします。

 *参考画像は添付の関連資料「参考画像1」を参照

 本機能は、「LINE」アプリ内で「インテリジェントホーム」と友だちになることにより ID 連携し、LINE@アカウントとのトーク上で、自宅に設置した「インテリジェントホーム」のデバイス(機器)を「まとめて オン/オフ」にしたり、鍵を開けたりすることができます。また、モーションセンサー、ドア・窓センサーなどのセンサーを検知すると LINE に通知がくるほか、IP カメラのセンサーが反応すると画像と一緒に通知を送ることも可能です。

 (1.利用できるサービスご参照)

 さらに、インテリジェントホーム専用アプリには無い機能として、同じ LINE@アカウントを家族で共有することができ、“誰”が“いつ”自宅玄関の鍵を開錠したかなどを、トーク画面上で確認することできます。また、友達との LINE のグループトークに「インテリジェントホーム」LINE@アカウントを招待すると、グループ内で自宅のスマートロックの開錠権限を共有することができます。日常的に利用する「LINE」から「インテリジェントホーム」を簡単に利用することができるようになり、ユーザーの利便性が大きく向上します。

以上

 ※インテリジェントホーム:IP カメラ、スマートロック(電子錠)、センサー、家電コントローラー、スマートライトなどのデバイス(機器)一式を、インターネット回線を経由し、専用アプリを利用してお客さまの端末(スマートフォン・タブレット)から遠隔でコントロールできるホーム・コントロールおよびホーム・モニタリング型 IoT サービスです。また、お客さまの目的に合わせてサービスを自由にカスタマイズでき、必要な複数の機器を組み合わせてルールを作ることができるのが特徴です。

 *参考画像は添付の関連資料「参考画像2」を参照

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0439815_01.JPG

参考画像2

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0439815_02.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0439815_03.pdf