インフラ構築/運用

プレスリリース

パナソニック、ボックス型レイヤ3スイッチングハブ「ZEQUO 4500DL」を発売

日経プレスリリース

2017/03/17

パナソニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊富な認証機能により、セキュアなネットワーク構築が可能に

ボックス型レイヤ3スイッチングハブ「ZEQUO 4500DL」を新発売

全ポートギガビット(※1)に対応し、10Gbpsアップリンクポート(※2)も実装可能

 

 *製品画像は添付の関連資料を参照

 品名:ZEQUO 4500DL

 品番:PN36241C

 希望小売価格(税抜・工事費別):247,000円

 発売日:2017年5月31日

 販売目標:500台/2017年度

 パナソニック株式会社の100%出資連結会社であるパナソニックESネットワークス株式会社(本社:東京都港区 社長:村瀬耕太郎)は、大規模ネットワークの多様なニーズをカバーするボックス型ハイエンドスイッチングハブ「ZEQUO」シリーズとして、豊富な認証機能を搭載し、スタック接続(※3)や電源冗長化対応により大規模ネットワークも構築可能で、アップリンクポート(※2)として10Gbpsモジュール(SFP+(※4))も実装可能なボックス型レイヤ3スイッチングハブ(※5)「ZEQUO 4500DL」を2017年5月31日に発売します。

 当社では「ZEQUO」シリーズとして、すでに6機種発売していますが、今回、豊富な認証機能を搭載し、スタック接続(※3)や電源冗長化に対応した本製品を開発、製品ラインアップの拡充を行います。

 本製品は、3つの認証機能(MACアドレス認証機能(※6)、WEB認証機能(※7)、IEEE802.1Xユーザ認証機能等(※8))に対応。ポート単位で複数の認証が可能な「トリプル認証」や、ユーザ認証と端末認証を段階的に行える「ステップ認証」にも対応し、よりセキュアなネットワーク構築が可能です。また、スタック接続(※3)電源冗長化に対応することで、大規模なネットワーク構築を低コストで実現します。さらに、冗長化構成を組むことで耐障害性も向上するため、拠点間接続や構内LANのコアスイッチにも最適です。

<特長>

 1.豊富な認証機能により不正なアクセスを制限、より強固なセキュリティの確保が可能

 2.スタック接続(※3)により、大規模ネットワークの構築も可能

 3.豊富な設定方法で、ネットワーク技術者からエンドユーザまで設定変更が容易に可能

 ※1 全ポートギガビット:全てのポートが1Gbpsの通信速度に対応

 ※2 アップリンクポート:上位のスイッチングハブやルータ等の機器に接続するポート

 ※3 スタック接続:複数台のスイッチングハブを接続し、仮想的な1つのスイッチングハブとして利用すること

 ※4 SFP+ : Small Form Factor Pluggable Plusの略。10Gbps通信に使うネットワーク機器に接続する着脱可能なモジュール

 ※5 レイヤ3スイッチングハブ :ネットワーク上の機能を表現するOSI参照モデルにおいて、IPなどのレイヤ3(ネットワーク層)のプロトコルを使ってデータ(パケット)の転送処理を行う装置。

 ※6 MACアドレス認証:パソコン等に内蔵のネットワークカード(ポート)が持つ固有のMACアドレスをアクセス制御に利用する認証方式

 ※7 WEB認証:Webブラウザによるユーザ認証。さまざまな端末が混在した環境でもユーザー認証が可能

 ※8 IEEE802.1Xユーザ認証:ネットワーク内のユーザ認証の方式を定めた規格。認証されたユーザのみ通信を許可

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0439796_01.jpg

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0439796_02.pdf

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ