コラボレーション

プレスリリース

Twitter JapanとNTTデータ、「#Twitter文化研究所」によるユーザーインサイトの提供を発表

日経プレスリリース

2017/03/08

エヌ・ティ・ティ・データ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「#Twitter文化研究所」による、ユーザーインサイトの提供について

 

 日本国内におけるTwitterデータライセンスのオフィシャルパートナーである株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、Twitter Japan株式会社(以下:Twitter Japan)とともに、両社の共同プロジェクト「#Twitter(ハッシュタグツイッター)文化研究所」を2017年3月より立ち上げ、活動を開始します。

 これまで、Twitterを活用したマーケティング活動においては、実際のユーザーの顔が見えないといった課題があり、マーケティング活動を行う現場独自の"勘と経験"に基づく取り組みが多勢を占める状況でした。これらの課題を解決するため、本取り組みでは、Twitter上の膨大なデータの中から、特定のセグメントごとの発言を分析し、ユーザーの意識を定量的・定性的に分析したデータを提供することで、企業のより深いマーケティング活動を支援します。

 今後、Twitter JapanとNTTデータは、本取り組みで得た知見を集約し、マーケティングダッシュボード(注1)の構築等の新たなサービスの開発を行うとともに、サービス利用企業のニーズに合わせたきめ細かいサービスを提供していき、Twitter全量データを活用したサービス関連のビジネスについて、2022年までに10億円の売り上げを目指します。

■背景

 日本におけるTwitterの利用状況は、2016年9月に国内月間アクティブユーザー数(注2)が4,000万を超え、現在国内で最も活発に利用されているSNSのひとつです。このことから、Twitterデータを分析することは、日本の生活者の動向を知るうえで、重要なヒントになると言われています。

 例えば、Twitterでは、キーワードやトピックを分類するために、日々さまざまなハッシュタグ(注3)がユーザーによって生み出され、ユーザーは自身が興味のあるトピックを中心に情報を発信・収集する取り組みが行われています。また、ユーザーは、リツイート(注4)によって、自身が共感した情報を容易に発信することができ、その情報を見たユーザーはさらにリツイートを行うことで、加速度的に情報が拡散されていきます。このように、Twitterには世の中のトレンドとなりうる土壌が、日々形成されています。

 一方で、Twitter上での企業のマーケティング活動においては、マーケティング活動を行う現場が独自の知見(いわゆる勘と経験)に基づいて、ユーザーの顔が見えない状態でアプローチを行うかたちが多勢を占めているといった課題がありました。

 そこで、これらの課題を解決するために、「#Twitter文化研究所」では、Twitterが持つ膨大なデータ量やメディアのリアルタイム性と、NTTデータが持つ日本語解析エンジン「なずき」を用いた自然言語処理ノウハウやソーシャルメディア・ビッグデータの解析力を融合することで、日本国内における生活者意識を分析し、世代、地域、興味・関心等のさまざまな切り口で、生活者の「今」が分かるデータを提供する取り組みを開始することとなりました。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ・文中における商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0438886_01.pdf

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ