ソフトバンク、スプリントおよびTBCASoftによる、

通信事業者向けブロックチェーン技術に係る提携について

 

 ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)、米Sprint Corporation(以下「スプリント」)および米TBCASoft, Inc.(以下「TBCASoft」)は、通信事業者向けブロックチェーン技術の共同開発を目的とした技術提携を目指すことに合意しましたのでお知らせします。

 TBCASoftは、通信事業者に特化したコンソーシアム型のブロックチェーン技術を開発しているスタートアップ企業です。ソフトバンク、スプリントおよびTBCASoftは、安全な清算や決済、個人認証、IoT端末向けアプリケーションなどさまざまなサービスを実現する、通信事業者間のブロックチェーン・プラットフォームの構築を目指し、研究開発を推進していきます。

 3社は、2017年6月より、TBCASoftのブロックチェーン・プラットフォームをソフトバンクおよびスプリントのシステムに接続する実証実験を行うことを目指しています。また今後、関連技術や事業化へ向けた課題および各国の管轄官庁の法令や規制に関する検討においても、緊密に連携していきます。

■TBCASoft, Inc.について

 TBCASoftは、米国を拠点に、通信事業者に特化した革新的なブロックチェーン技術の開発を行う企業です。このコンソーシアム型のブロックチェーン・プラットフォームにより、通信事業者はより安全、強固かつ効率的な環境で、顧客向けに革新的なサービスを創造することができます。本社所在地は、シリコンバレーの中心地である、カリフォルニア州サニーベールです。詳細はウェブサイト(http://www.tbcasoft.com/)をご参照ください。

 ・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

 ・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。