ビッグデータ可視化ソリューション「BIGDAT@Viewer」最新バージョン V1.2 リリースのお知らせ

データ解析専門知識は不要!大規模データを高速処理してMAP表示

直感的なデータ分析(0次分析)をサポートする機能を更に強化

 

 サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、当社が開発・販売・サポートするビッグデータ可視化ソリューション「BIGDAT@Viewer(ビッグデータビューアー)」最新バージョン「BIGDAT@Viewer V1.2」の販売を2017年1月10日から開始することをお知らせします。

■BIGDAT@Viewerとは

 IoTの活用が急速に広がる中、実験データや工場の機器ログなど、膨大な数値データが収集される一方、専門家以外のスタッフがデータの意味を読み解くことはますます難しくなっています。BIGDAT@Viewerは、統計学の専門知識がなくても簡単にビッグデータを可視化することができ、新しい知見の発見を支援するソフトウェアです。様々な属性を使用してデータ間の類似性をMAP化し、データの全体構造を直感的に把握することで、属性間の相関の発見に結びつく「気づき」を得ることができます。

 [1]3ステップでMAP表示まで!CSV形式での簡単なデータ取り込みとスムーズなMAP表示

  CSV形式でデータを取り込み、データフォーマットの自動チェックや各属性の分布傾向の分析、MAP作成までの一連の処理を3ステップ([1]データ取り込み、[2]分析設定、[3]「作成」ボタンでMAP化)で行うことが出来ます。

 [2]多様な分析機能

  簡単なマウス操作で、表示されたMAPの分析を直感的に行うことができます。また、作成したMAPのグループ間での共有や閲覧制限など、管理者による細かい権限設定もMAP単位で可能です。

 [3]データの全体像把握から故障分析、機械学習等に

  ●IoTデータの全体構造の把握:

   類似した傾向を持つデータがMAP上に島構造を形成。一目でデータ全体の構造把握が可能に。

  ●故障要因分析:

   サンプル数が少ない異常データなども、正常データとの相関関係確認によって仮説立案が可能に。

  ●機械学習での活用:

   学習データとしてふさわしくない外れ値についても直観的に選定や抽出が可能に。

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ※記載されている会社名および製品名は、各社の商標および登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0432834_01.pdf