エンタープライズアプリケーション

プレスリリース

RPAテクノロジーズなど、「BizRobo!」を活用した「RPA業務改革サービス」を開始

日経プレスリリース

2016/11/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「RPAテクノロジーズ」×「アビームコンサルティング」

RPA(Robotics Process Automation)ツール「BizRobo!」を活用した

「RPA業務改革サービス」を開始

〜目に見える成果を低価格でクイックに届けバックオフィスの生産性向上を支援〜

 RPA(Robotics Process Automation)のベーステクノロジーとなる「BizRobo!」を提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大角 暢之、以下RPAテクノロジーズ)と、アビームコンサルティング株式会社(代表取締役社長 岩澤 俊典、東京都千代田区、以下 アビームコンサルティング)は連携し、バックオフィス部門の生産性向上と人的資源の有効活用を推進するため、業務の自動化を推進するRPA(Robotics Process Automation)ツール「BizRobo!」を活用した「RPA業務改革サービス」を本格的に開始します。

 RPAとは、これまで人間だけが対応できるとされてきた作業、もしくはより高度な作業を人間に代わって実施できるルールエンジンやAI、機械学習等を含む認知技術を活用した業務を代行・代替する仕組みとして注目されています。特に、人事・経理業務などで発生する定型的な事務処理業務を自動化する手段としてその可能性が期待されています。

 人口の減少と高齢化を背景に超高齢化社会に突き進む日本においては、労働力の不足が年々深刻化しています。このような背景のもと、企業においては、一人当たりの労働生産性を高め、より成長分野に人材を集中できるよう、持続的な成長を維持するための改革が求められています。これまで生産現場を中心に様々な業務改善が行われてきましたが、バックオフィス部門においては、ビジネスプロセスの改善やシェアードサービス化、ERPパッケージを始めとしたシステムの導入といった取り組みにより費用対効果が高い大量・定型・反復処理業務の効率化は実現できているものの、費用対効果が低いボリュームが小粒な業務については未だ人の手を介し時間をかけた対応が主流となっています。

 本サービスは、アビームコンサルティングが現行業務のヒヤリング調査を行い、どの業務を自動化できるか診断し、「BizRobo!」を活用して最大限自動化された業務プロセスを構築するものです。導入後は周辺業務の分析を通じ課題を洗い出し、新たな業務のやり方や改善提案を継続的に行います。この一連の取り組みを通じ、企業は業務の負荷を削減することで、1人当たりの労働生産性を向上させるとともに、業務の正確性と作業スピードの向上を図ります。

 ※参考資料は添付の関連資料を参照

【「RPA業務改革サービス」の対象となる業務】

 これまで自動化できなかったERP、Webメール、ファイルサーバー、デスクトップ上のExcelなど、アプリケーションをまたいで発生する広範囲の業務を自動化することが可能です。業務の一連の流れと参照情報を整理しロボットに記憶させることで業務を自動化できるため、コーディング等のシステム開発が不要です。そのため従来のシステム開発手法では対応することが難しかった、業務量が少ない、変更が多い、標準化ができないといった業務でも自動化することができます。

<対象業務・作業例>

 ・社内複数システムにまたがる情報の収集・統合・加工・検証および分析資料作成

 ・販売処理、経費処理等の事務処理作業

 ・競合他社の動向、商品等のWeb調査

 ・商品登録、在庫連携等のバックオーダー処理

 なお、現在は定型・反復的な業務を対象としていますが、今後はRPAの技術進化にともない、人による意思決定が必要な非定型・対話型の業務や、コンサルティング要素の強い業務にも対象領域を拡大していくことを想定しています。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0427647_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0427647_02.pdf

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ