プレスリリース

「Marketo ABM」日本市場向け機能拡充、IP Geolocation & IP Intelligence API 「どこどこJP」を搭載

重点顧客とリード情報の自動マッチング機能における日本企業名への対応

2017/10/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンゲージメントマーケティングソフトウェアと関連ソリューションのリーディングプロバイダーである株式会社マルケト(本社:東京都港区、代表取締役 福田康隆、以下「マルケト」)は、株式会社Geolocation Technology (本社:静岡県三島市 代表取締役:山本敬介 以下Geolocation Technology社)が提供するIPアドレスからユーザーの位置や企業情報などを認識するAPI「どこどこJP」を「Marketo ABM」(※1)の新機能として搭載したことを発表いたします。

本取り組みは、日本のマーケティング担当者やCMOがエンゲージメントエコノミーという潮流で成果を出すための最良のソリューションを提供するというマルケトの日本市場へのコミットメント(※2)の一環です。

これにより、日本企業の最新のIPアドレスと紐づけられた企業名や業種、従業員規模、位置情報などのビジネスデータをもとに、重点顧客とリード情報を自動的に紐付けることが可能になります。重点顧客に最適なタイミングでリーチし、ビジネスの可能性をさらに広げ、利益の最大化を支援します。これまでも、「どこどこJP」と「Marketo」は手動にて連携することが可能でしたが、「Marketo ABM」の機能として搭載することで、運用工数が軽減され、常に最新のビジネスデータでABMの実践が可能になります。

本発表にあたり、Geolocation Technology社の取締役 プラットフォーム部 部長 遠藤 寿彦氏は以下のようにコメントをしています。

「BtoBマーケティングの新しいアプローチとして注目を集めるABM。インターネット上の企業の動きを可視化する技術"IP Intelligence"を活用した弊社サービス「どこどこJP」が「Marketo ABM」に搭載されることで、名刺や登録情報だけでは知り得ない情報が取得可能となります。これらの情報から多様なターゲティングのアレンジが可能となり、より適切で効率的なアプローチが行えます。戦略的な営業とマーケティングにご活用いただきたいと考えています。」

マルケトの代表取締役社長 福田 康隆は以下のようにコメントしています。

「マルケトが考えるABMとは、BtoB企業のマーケティング部門と営業部門が協働し、重点顧客からの収益最大化を目指す戦略的アプローチを指します。日本のBtoB企業がABMに取り組むスタートラインとしてはターゲットの選定が最も重要と考え、テクノロジーパートナーであるGeolocation Technology社のご協力をいただき「どこどこJP」を「Marketo ABM」に搭載いたしました。本取り組みは、日本市場へのコミットメントの1つ"革新的なエンゲージメントプラットフォームの提供"を強化にするものです。引き続き、私たちは、お客様、パートナー様と構築する、強力でオープンなコミュニティ 「Marketing Nation」を通じ、お客様とパートナー様双方の成功、ビジネス成長の加速を支援してまいります。」

以上

(※1)「Marketo ABM」の特徴

マーケティングと営業が連携し、「ターゲット」→「エンゲージメント」→「効果の可視化・分析」の3ステップを確実に回します。

重点顧客にターゲットを絞る:問い合わせ・商談・購買・ポテンシャルなどあらゆる顧客データと連携し、アカウントスコアリングを活用し、顧客の中から適切な顧客を絞り込む
Eメール、Web、イベント、ソーシャル、モバイルなど、複数のチャネルにおいて、重要顧客の担当者や意思決定者とエンゲージメントを構築:マルケトのオーディエンスハブで取得した詳細な顧客行動情報を生かして、適切なタイミングで、高度にパーソナライズされたメッセージを提供
効果の可視化・分析:マルチチャネルでのエンゲージメントレベル、パイプライン、収益などの主要指標にわたってABM活動の影響を測定し、その成果を最適化できるよう支援
Marketo ABMの機能を拡張:日本企業の顧客データの充実やB2Bマーケティング戦略立案など、マルケトのLaunchPoint®エコシステムパートナーから提供される補完的ソリューションを活用
(※2)マルケトの"日本市場へのコミットメント"

革新的なエンゲージメントプラットフォームの提供
マーケティングでビジネスを牽引する人材「Tomorrow's Marketer」の育成支援
Marketoユーザーのみならず、マーケティングや顧客とのエンゲージメントにご興味を持たれる一般の方にも広くご提供できるように、「Marketo University」を日本で本格展開
世界各国のMarketoユーザー様、パートナー様、マルケトメンバーが互いの専門性を高め合えるオープンなコミュニティ「Marketing Nation」の活性化

<関連リリース>

マルケト、BtoBマーケティングを牽引する複数パートナーと協業し日本市場向けに『Marketo Account-Based Marketing』(Marketo ABM)を本格展開〜売上の拡大、収益性の向上、顧客とのエンゲージメントを目指す戦略的なマーケティングを支援〜(2017年3月8日)https://jp.marketo.com/press/20170308-178.html

■株式会社Geolocation Technologyについて

株式会社Geolocation Technology(旧サイバーエリアリサーチ株式会社)は、2000年2月に設立され、アドテクノロジー・デジタルマーケティングの分野を主なフィールドとしています。私たちの技術は、日々生き物のように変化する世界のIPアドレスを、一つひとつ調査し判定する「IP Geolocation」(位置情報認識技術)を土台としています。さらに、そのデータベースをマーケティングやブランディングの分野・不正アクセスの検出や著作権保護の分野において、顧客の機会損失を最小化し、利益を最大化するソリューションとして提供する「IP Intelligence」の技術に発展させています。http://www.geolocation.co.jp/

「どこどこJP」についてはこちらをご覧ください。http://www.docodoco.jp/

■マルケト(Marketo)について

マルケトは、世界有数のエンゲージメントプラットフォームを提供する企業です。マーケターが顧客と長期的な関係を築いて売上を伸ばせるよう支援します。常に業界のイノベーションのパイオニアとして、Marketoは、拡張性、信頼性、開放性が評価され、数多くのCMOの信頼を得ているプラットフォームです。カリフォルニア州サンマテオに本社を置き、世界中にオフィスを展開して、戦略的パートナーとして、多岐にわたる業界の大企業や急成長企業をサポートしています。エンゲージメントプラットフォーム『Marketo』、パートナーエコシステムのLaunchPoint®、大規模なコミュニティMarketing Nation®の詳細については、こちらをご覧ください。https://jp.marketo.com

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ