プレスリリース

VAIO株式会社、B2Bマーケティングの加速を目指しMarketoを活用

法人向けノートPC「VAIO」のシェア拡大を狙う

2017/09/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンゲージメントマーケティングソフトウェアと関連ソリューションのリーディングプロバイダーである株式会社マルケト(本社:東京都港区、代表取締役 福田康隆、以下「マルケト」)は、VAIO株式会社(本社:長野県安曇野市、代表取締役 執行役員社長:吉田 秀俊)において、B2Bマーケティングを強化・加速するにあたり、エンゲージメントプラットフォーム「Marketo」が採用、導入されたことを発表します。また、導入及び運用は、ワンマーケティング株式会社が支援されています。

VAIO株式会社は、ソニー株式会社からPC事業を継承し、2014年7月1日に設立されました。長野県安曇野市に本社及び製造拠点を置き、PC事業、受託事業(EMS事業)等における企画、設計、開発、製造および販売と、それに付随するサービスを行っています。

このたび、VAIO株式会社における法人営業組織体制の強化にあわせ、「Marketo」が導入されます。VAIO株式会社は、Marketoを活用することにより、企業向けの営業・マーケティング活動の効率化に取り組まれます。また、Salesforce CRMと連携し、メール・ウェブ・内勤営業・外勤営業といったコンタクトポイントを統合、顧客一人一人にあった営業・マーケティング活動を行う事で、さらなる事業拡大を目指されます。

VAIO株式会社 執行役員 花里隆志 氏は次のように述べます。

「私たちは、ビジネスを強化するために、B2C・B2Bいずれも、顧客中心のマーケティング戦略が不可欠であると考えています。数あるツールの中からMarketoを選んだ理由は、マルケトが掲げる顧客中心のエンゲージメントプラットフォーム構想に共感したためです。また、Marketoのコミュニティも活気があり、導入や運用にあたって、パートナーとの連携・拡張性が図りやすく、機能も優れていること等が決め手となりました。今後、マルケトと一層のパートナーシップ強化を図れればと思っております。」

以上

■VAIO株式会社について

VAIO株式会社は、ソニー株式会社からPC事業を継承し、2014年7月1日に設立されました。長野県安曇野市に本社及び、製造拠点を置き、PC事業、受託事業(EMS事業)等における企画、設計、開発、製造、販売およびそれに付随するサービスを行っています。詳細はこちらをご覧ください。https://vaio.com/

■ワンマーケティング株式会社について

B2Bマーケティングにおけるコンサルティングから施策の実行まで、すべてをワンストップで提供できる、お客様にとって利便性の高い会社であることを目指します。お客様が現在お持ちの資産、限りある予算の中で、最大限に効果を発揮し、顧客創造を支援します。詳細についてはこちらをご覧ください。http://www.onemarketing.jp/

■マルケト(Marketo)について

マルケトは、獲得からアドボカシーに至るまで、マーケターと顧客との長期的な関係の発展を支援するよう設計された先進的なエンゲージメントマーケティングソフトウェアとソリューションを提供しています。マルケトはマーケターのためにマーケターによって設立され、マーケティングテクノロジーにイノベーション検討課題を設定しています。マルケトは経営理念をMarketing Firstに置いています。カリフォルニア州サンマテオの本社を始め、世界中にオフィスを設け、戦略的パートナーとして、多岐に渡る業界の大企業や急成長している中小企業を支援しています。Marketoのエンゲージメントマーケティングプラットフォーム、パートナーエコシステムのLaunchPoint®、巨大なコミュニティMarketo Marketing Nation®の詳細についてはこちらをご覧ください。 https://jp.marketo.com/

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ