プレスリリース

JAL、ビジネスデータの最適化および マーケティング ROI 最大化のため Domo を採用

~より効率的で効果的な意思決定を推進~

2017/06/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネス最適化プラットフォームを提供するドーモ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川崎友和、以下Domo)は本日、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 植木義晴氏、以下JAL)が、ビジネスデータの価値をリアルタイムに最大化および最適化することで、ブランド認知とマーケティングROIをともに向上させることを目的に、Domoを採用したことを発表しました。

ソーシャルメディアをはじめ、様々なチャネルを通してブランドマーケティング活動に積極的に取り組んでいるJALは、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSに加え、複数のソーシャルリスニングツールから抽出したデータをもとに、マーケティング活動による効果の把握が求められていました。しかし、複数の異なるチャネルのレポート統合は、手作業によるデータ収集やデータの整合性の確認に膨大な時間がかかるため大きな負担となり、ビジネスデータのリアルタイムな把握、活用の障壁となっていました。

Domoの導入は、こうした課題解決のために決定されました。JALは、Domoを活用することで、ソーシャルマーケティング活動のROI測定とインパクト最大化に取り組みます。JALの意思決定者は、あらゆるデータソースから抽出されるマーケティングデータの収集と統合を自動化することで、各ソーシャルマーケティングキャンペーンにおける複数の重要業績評価指標(KPI)を視覚化でき、効果的だったキャンペーンを特定することが可能になります。クラウド型ソリューションのDomoは、各ユーザーのニーズにあわせて柔軟にカスタマイズできるプラットフォームです。すべてのユーザーが、必要なデータをもとにしたリアルタイムの意思決定を行い、ビジネスパフォーマンスと活動結果の改善を図ることができます。

JALのコーポレートブランド推進部Webコミュニケーショングループの山名敏雄グループ長は「Domoは私たちのニーズを理解し、変化するビジネスニーズに対応できる最適なソリューションであり、私たちのミッションの実施に効率性と柔軟性をもたらしてくれます。Domoの活用により、ソーシャルマーケティング活動のROIを最大化するために必要なインサイトを取得できることに期待しています」と話しています。

Domoの代表取締役 川崎友和は「Domoの導入により、JALのデータドリブン・マーケティングの推進とビジネスの最適化に貢献できることを嬉しく思います」と述べています。

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ