Windows 10の大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update(開発コード名:Redstone 3)」には、多くのユーザーが変化を実感できるGUIの変更がある。ひと目で分かる機能追加から用語の変更まで、知っておかないと戸惑うであろうポイントを紹介する。

 Fall Creators UpdateのGUI関連の機能拡張には、以下のようなものがある。

  • 「My People」
  • 「シェア」機能関連
  • スタートメニューとアクションセンターのデザイン変更
  • コルタナ関連
  • 「設定」アプリ

などである。My Peopleやシェアは、デスクトップ画面を生成する「エクスプローラー」、Windowsにおける「シェル」の変更に当たるため影響範囲が広い*1。なお、タッチキーボードなどもGUIではあるが、別の回でまとめて解説する。

*1 シェルはOSの機能を呼び出すプログラムに対して使われる呼称で、Windowsではエクスプローラーがタスクバーやスタートメニューといった多くのGUI要素を管理してデスクトップを構成している。

人とのやり取りを効率化する「My People」

 これらGUIの変更点のうち、大きな変更と言えるのがタスクバーに追加された「My People」機能だ。

コミュニケーション機能「My People」。タスクバーのユーザーアイコンからメールやSkypeなどの履歴閲覧やメッセージ送信が可能になる。
[画像のクリックで拡大表示]

 My Peopleは、特定の人物とメールやSkypeなどで簡単にコミュニケーションできるようにする機能だ。「People」アプリに登録したユーザーを、タスクバーの右側にある通知トレイに人の形をしたアイコンとして表示する。本来は2017年3月のCreators Update(開発コード名:Redstone2、RS2)での搭載を予定していた機能だ。

 タスクバーに置かれた人物アイコンには、Peopleに登録した写真画像が使われる。このアイコンから、メールやSkypeの通知を表示したり、クリックで簡単に過去のメッセージの一覧表示したりできる。

My Peopleに登録したユーザーからのメールやSkypeチャットを受信すると、アイコンに通知件数が表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。