内部犯行による情報漏洩が後を絶たない。USBメモリーを使ってこっそりファイルを持ち出しても、その痕跡が残っていないと思っている従業員が多いのではないだろうか。本当に痕跡は残っていないのか、確かめてみた。

OS標準やフリーソフトを使用

 実験9では、Windows 7が動くパソコンで顧客情報を含むファイル(優良顧客一覧.xlsx)をUSBメモリーにコピーしたとき、その痕跡がパソコンに残っていないかを調べた。解析には、有償で販売されているソフトは使わず、Windows標準のソフトやフリーソフトのみを使用した。簡単に痕跡を調べられるかどうかを確かめるためだ。

実験9の概要
USBメモリーを使って機密情報や個人情報を外部に持ち出される事例が後を絶たない。パソコンにUSBメモリーを挿し込んだり、ファイルをコピーしたりした場合、その痕跡は残るだろうか。調べてみた。
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。