台湾ASUSTeK Computerは2017年5月29日、台北でノートPCの新製品5機種を発表した。発表会の展示会場には、ほかにもオールインワン型の新製品も並んだ。本記事では展示機の写真を中心に、展示内容をレポートする(写真1)。

写真1●COMPUTEX 2017でASUSがノートPCを5機種発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

「ZenBook」シリーズは3機種が登場

 13.3型のコンバーチブル型2-in-1である「ZenBook Flip S」(UX370)は、ペン入力にも対応しつつ、厚さを10.9mmに抑えた(写真2)。

写真2●ZenBook Flip S(UX370)
[画像のクリックで拡大表示]

 インタフェースは、本体左側面にUSB Type-Cとヘッドフォンジャック、本体右側面には指紋センサーとUSB Type-Cを搭載する。2基のUSB Type-CはいずれもUSB 3.1 Gen1仕様で、DisplayPortによるディスプレイ出力や、USB PDによる充電に対応する(写真3、4)。

写真3●ZenBook Flip Sの右側面
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●ZenBook Flip Sの左側面
[画像のクリックで拡大表示]

 ほかにも同梱のミニドックを用いることで、HDMI、USB 3.1、充電用のUSB Type-Cを利用できる。

 製品構成により、CPUはCore i7-7500UまたはCore i5-7200U、画面は13.3型の4K(3840×2160ドット)またはフルHD(1920×1080ドット)を搭載する。バッテリー容量は39Whで駆動時間は11.5時間。充電用アダプターの出力は45W。外形寸法は311.3×211.8×10.9mm、重量は1.1kgとなっている。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。