日経コンピュータ 2016年9月1日号の特集記事「答えはGEにあり」で、世界最大の重電メーカー、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の動きを取りあげた。自社開発のIoTプラットフォーム「Predix」を擁する同社は、2020年までにソフト事業を売上高150億ドルまで伸ばし、ソフト企業の世界トップ10入りを目指す計画を打ち出している。GEの強みは、自身を「デジタル製造業」に変革した経験とシリコンバレー仕込みのテクノロジーだ。GEはどう変わったのか。誌面には収録しきれなかった、GEトップの話を聞いてみよう。

写真●講演するGEのジェフ・イメルト会長兼CEO
(撮影=中田敦、フランス パリ市、2016年6月13日)
[画像のクリックで拡大表示]