DATA&DATA

IT市場は東京一極集中、地方は3%のマイナス

2017/05/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[画像のクリックで拡大表示]

 IDC Japanが実施した地域別の国内IT市場調査によれば、2016年は東京都が前年比2.1%のプラス成長となったものの、その他の地域はハード市場の低調で一律マイナスだった。特に大都市圏(東京都、関東地方、近畿地方、東海地方)以外の地域は前年比3%以上、市場規模が縮んだ。

 2017年も東京都のみプラス成長する傾向は変わらない見通し。同社は大都市圏以外の地域で成長率を上げるには、行政主導による地方創生の抜本的な変革が必要と指摘している。

出典:日経コンピュータ 2017年2月16日号p.69
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

注目コンテンツ