IT担当者のための 厳選文具整理術

第10回 素早いアクションにつながる「革文具」

2016/05/25 桃山 透=フリーランスライター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 革製品は、使い込むほど質感がよくなるのが魅力です。文具でも、ペンケースや名刺入れなど革製のものが数多くあります。見た目がお気に入りの革文具を見つけるのはもちろんよいことですが、さらに機能性も追及されているものを選ぶと、いっそう愛着を持てるようになると思います。

 例えば、IT担当者の場合、質とスピードの両方を問われる仕事をしているため、仕事で素早いアクションにつながる革文具を試してみるとよいでしょう。便利なのはもちろん、仕事関係者の前で使うと好印象を与えることができるかもしれません。今回は、そんな効果が期待できそうな革文具を3点紹介します。

厚さ1ミリ未満の極薄名刺入れ

 革製の名刺入れはよく見かけますが、かさばったり、名刺が取り出しにくかったりするものも少なくありません。これでは名刺交換のときにもたついてしまうこともあり、相手に悪い印象を与えてしまう恐れがあります。

写真1●手帳や財布にも入る極薄名刺入れ「CARDRIDGE dünn」(カードリッジ デュン)
[画像のクリックで拡大表示]

 これらの問題を解決したのが、「CARDRIDGE dünn」(ロンド工房、メーカー希望小売価格2484円)です(写真1)。厚さ約0.4~0.5ミリ、名刺の取り出しやすさを追求するためクロソイド曲線(緩和曲線の一種)を採用した革を使用しながらも、ドイツ語で「薄い」を意味する言葉「dünn」(デュン)が商品名に入っているだけあり、紙のような薄さと軽さを実現。光沢のあるしっとりとした国産革の質感、金色のロゴが高級感を醸し出しています。

 名刺の収納可能枚数は3~5枚。日頃、多くの名刺を交換することがない人や、名刺入れを違和感なくスーツの内ポケットに入れておきたい人、サッとポケットから取り出したい人などに最適です。また極薄のため、予備の名刺入れとして手帳や財布に入れて持ち運べるのも便利です。

かばんに下げられる極細ペンケース

1 2 次ページへ
ITpro SuccessはITpro Activeの姉妹サイトです。
次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。

注目コンテンツ