コラボレーション

製品&サービス

Dialpad

【Dialpad Japan】

ビジネス電話の代替を狙うクラウドUCサービス

2017/01/12

日川 佳三=ライター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dialpad Japanの「Dialpad」は、ビジネス電話機能、ビデオ会議機能、メッセージ機能などで構成する、企業向けの統合コミュニケーション機能をクラウド型で提供するサービスである。クライアント環境を問わず、パソコン(Windows、Mac)やスマートフォン(Android/iOS)から利用できる。インターネットにつながった場所であれば、どこにいても、ビジネス電話やチャットなどの仕事上のコミュニケーションをとれる。

ビジネス電話をクラウドサービスに置き換えられる
(出所:Dialpad Japan)
[画像のクリックで拡大表示]
Dialpadのパソコン画面
(出所:Dialpad Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 狙いの1つは、オフィスのビジネス電話機を撤去すること。PBX(構内交換機)機能をソフトウエアとして実装しており、これを米GoogleのIaaS型クラウドサービスの上で動作させ、電話サービスとして提供する仕組み。単なるPBXのホスティングではなく、仮想サーバー環境で提供するため、すぐに必要なリソースを提供できる。

 電話の種類に応じて、IP電話を使う「Dialpad for 050」と、固定電話を使う「Dialpad」(2017年第一四半期中に提供)の2種類を用意した。IP電話はソフトバンクのIP電話サービスを利用する。固定電話は電話網とインターネットとのゲートウエイを介して利用する。いずれの場合でも、ユーザーはDialpadのアプリケーションとインターネット接続さえあれば電話サービスを利用できる。

部署の代表電話も設定、固定電話とIP電話を混在可

 社員1人ひとりに個別の電話番号を割り振った上で、代表電話番号や部署の電話番号などを設定して運用できる。社員をグループ化することにより、一つのグループ電話番号で最大25人の社員を同時に呼び出せる。IP電話と固定電話の混在も可能で、例えば個々の社員にIP電話番号を割り振り、代表電話に固定電話番号を付ける、といった使い方ができる。

 一般的なビジネス電話と同様に、電話の転送なども可能。2者間だけでなく、3人以上の複数人によるグループ電話もできる。通話内容の録音も可能。電話番号が分からなくてもアドレス帳から電話をかけられる。パソコンで開始した電話通話を、通話を切断することなくボタン1つでスマートフォンに切り替える、といったこともできる。

 電話以外のアプリケーションとしては、テキストメッセージ、音声メッセージ、WebRTCを用いたウェブ会議、G Suite(旧Google Apps)やSalesforce CRMなどの外部クラウドサービスとのデータ連携、などを提供する。音声メッセージはバックエンドで音声認識APIを利用してテキスト化する。

Dialpadの概要
用途と機能ビジネス電話機能やビデオ会議機能、メッセージ機能などで構成する企業向けの統合コミュニケーションサービス
提供形態クラウドサービス
電話機能の特徴社員1人ひとりに個別の電話番号を割り振った上で、代表電話番号や部署の電話番号などを設定して運用できる。社員をグループ化することにより、1つのグループ電話番号で最大25人の社員を同時に呼び出せる。IP電話と固定電話の混在も可能で、例えば個々の社員にIP電話番号を割り振り、代表電話に固定電話番号を付ける、といった使い方ができる
電話以外のアプリケーションテキストメッセージ
音声メッセージ
WebRTCを用いたWeb会議
G Suite(旧Google Apps)やSalesforce CRMなどの外部クラウドサービスとのデータ連携
など
プランDialpad for 050Dialpad
電話の種類IP電話(ソフトバンク)固定電話
価格(税別)IP電話番号を割り当てるユーザー1人当たり月額800円。別途、ソフトバンクのIP電話サービス「IP-OneIPフォンBプラン『Dialpad』の契約が必要。IP電話サービスは初期費用や月額費用がかからず、通話料金(従量制)のみで利用できる1ユーザー当たり月額1300円
発表日2016年12月13日
提供開始日2016年12月13日2017年第一四半期中
国内総販売代理店ソフトバンク

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ