クエステトラの「Questetra BPM Suite」は、Webブラウザーから利用できるSaaS型のワークフローソフト。ビジネスプロセス記述の国際標準であるBPMN 2.0を用いてノンプログラミングでワークフローを作図/定義できる。さらに、こうして定義したワークフローを実行するエンジン機能を提供する。BPMN 2.0のサンプルとして、稟議書フローや見積もり承認プロセスなど多数の業務テンプレートを公開している。

 人間が介在するワークフローだけでなく、特定の処理をシステム側で自動処理することもできる。特定の時刻に処理を実行するタイマー機能や、特定のメールアドレスへの着信をトリガーに処理を実行する機能、Web APIへのリクエストをトリガーに処理を実行する機能、などを備える。

 ワークフローの内部で、PDF帳票を自動生成できる。ひな形となるPDF文書に業務データを差し込んで新しいPDF文書を生成する、といった具合である。これを使うと、見積もり内容の承認後に、見積もり内容を反映させたPDF帳票を生成し、営業担当者にメールで送付する、といった業務処理を実現できる。

 セキュリティ機能も強化した。ワークフローを構成する個々の処理ごとに、IPアドレスでアクセスを制御できる。権限のある担当者やシステムだけが、ワークフローの各処理を実施できる。アクセス元として、個々のIPアドレスを指定できるほか、IPアドレスの範囲で指定できる。

Questetra BPM Suiteに追加したIPアドレスフィルタリング機能の概要
(出所:クエステトラ)
[画像のクリックで拡大表示]
Questetra BPM Suiteの概要
用途と機能Webブラウザーから利用できるSaaS型のワークフローソフト
アーキテクチャBPMN 2.0を用いてワークフローを作図/定義するデザイナ機能と、定義したワークフローを実行するBPMN 2.0エンジン機能を提供する
ワークフローの
サンプル
ワークフローのサンプルとして、BPMN 2.0で記述した、稟議書フローや見積もり承認プロセスなど多数の業務テンプレートを公開している
自動実行機能■特定の時刻に処理を実行するタイマー機能
■特定のメールアドレスへの着信をトリガーに処理を実行する機能
■Web APIへのリクエストをトリガーに処理を実行する機能
■ひな形となるPDF帳票にデータを埋め込んでPDF帳票を自動で生成する機能
など
セキュリティワークフローを構成する個々の処理ごとに、アクセス元のIPアドレスでアクセスを制御できる
価格(税別)■日割りプランは、1ユーザー当たり月額1200円で、200人超分は1ユーザーあたり600円
■年間契約プランは、1ユーザー当たり月額960円で、200人超分は1ユーザーあたり480円
いずれのプランも、最小契約ユーザー数は20人
発表日2017年9月11日(バージョン11.4)
提供開始日2017年9月11日(バージョン11.4)