ハイパーギアの「HGPscanServPlus」は、オフィス文書をPDFに変換する機能を提供するサーバーソフトである。監視フォルダに存在するオフィス文書をPDFに変換し、これを出力先フォルダに保存する仕組み。画像からOCR(光学文字読み取り)機能で文字を抽出する機能も備える。

HGPscanServPlusの概要
(出所:ハイパーギア)
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴の1つは、PDFにタイムスタンプを施せることである。PDF文書の作成日時を証明したり、内容が改ざんされていないことを証明したりできる。

 タイムスタンプサービスとして、アマノビジネスソリューションズの「アマノタイムスタンプサービス3161 Type-T」、セイコーソリューションズの「セイコータイムスタンプサービス」、寺田倉庫の「テラダタイムスタンプサービス」の3つのいずれかを利用できる。さらに、特許庁所管の独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)の「タイムスタンプ保管サービス」も利用できる。

 有償オプションによって、タイムスタンプの有効期間(10年間)を延長できる。大量のファイルにタイムスタンプを付与したい場合は、別の有償オプションを使うと、並列処理によってタイムスタンプの処理能力を向上させられる。

HGPscanServPlus Ver5.7の概要
用途と機能オフィス文書をPDFに変換する機能を提供するサーバーソフト。監視フォルダに存在するオフィス文書をPDFに変換し、これを出力先フォルダに保存する
特徴■作成するPDFにタイムスタンプを施せること。PDF文書の作成日時を証明したり、内容が改ざんされていないことを証明したりできる
■画像からOCR(光学文字読み取り)機能で文字を抽出できる
タイムスタンプ
サービス
■アマノタイムスタンプサービス3161 Type-T(アマノビジネスソリューションズ)
■セイコータイムスタンプサービス(セイコーソリューションズ)
■テラダタイムスタンプサービス(寺田倉庫)
有償オプション■タイムスタンプの有効期間(10年間)を延長する
■並列処理によってタイムスタンプの処理能力を向上させる
価格(税別)48万5000円
発表日2017年8月9日(Ver5.7)
出荷日2017年8月1日(Ver5.7)