日立ソリューションズの「活文 機密情報共有・活用ソリューション」は、機密性の高い図面などのCADデータを、編集可能なファイル形式のまま、取引先と安全に共有するためのソフトウエアパッケージである。文書管理サーバーソフトの「活文 Managed Information Exchange」(活文MIE)と、1台のクライアントPC内で業務環境と通常環境を分離するセキュリティソフトの「Application Container Platform」(ACP)を組み合わせて提供する。

活文 機密情報共有・活用ソリューションの概要
(出所:日立ソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 構成要素の1つ、活文MIEは、図面や文書などの情報を企業間で共有するためのサーバーソフトである。アクセス権限管理によって、情報を必要とするユーザーに対して安全に情報を提供できる。文書のやり取りや変更履歴を管理する機能や、文書をもとにメンバー間でコミュニケーションを図るためのチャット機能、なども提供する。

 構成要素の1つ、ACPは、クライアントPCの中に、通常の環境とは別にセキュアな機密環境を構築し、これらをセキュリティの観点で分離するソフトである。通常環境と機密環境の間ではデータのやり取りができないので、機密環境をセキュアな状態に保つことができる。機密環境はVDI(デスクトップ仮想化)とは異なりローカルでアプリケーションを実行できるが、ローカルストレージにはアクセスできず、データは外部のファイル共有サーバーに保存する。

 活文 機密情報共有・活用ソリューションでは、活文MIEとACPを組み合わせた。これにより、CADなどの機密データを活文MIE上で共有しつつ、取引先のPC上でこれらの機密データに安全にアクセスし、PC上でデータを処理し、活文MIEにデータを保存できるようにした。契約終了時には、簡単な操作で取引先PC内の機密環境の利用を停止し、データへのアクセスを禁止できる。

 背景には、設計業務の現地化が進み、製品のローカライズ設計など、海外の拠点や企業との協業が増加している、という状況がある。ここで、機密性の高い図面などのCADデータを編集可能なファイル形式のままで渡してしまうと、データの流出などのリスクがある。さらに、過去のやり取りを共有することが難しいという問題もある。

活文 機密情報共有・活用ソリューションの概要
用途と機能機密性の高い図面などのCADデータを、編集可能なファイル形式のまま、取引先と安全に共有するためのソフトウエアパッケージ
動作の概要クライアントPC内に情報を持ち出させない機密環境を用意し、ここから「活文」の情報共有基盤で管理している機密データにアクセスする
構成要素■文書管理サーバーソフトの「活文 Managed Information Exchange」(活文MIE)
■1台のクライアントPC内で業務環境と通常環境を分離するセキュリティソフトの「Application Container Platform」(ACP)
価格個別見積もり
発表日2017年6月13日
出荷日2017年7月3日