シスコシステムズの「Cisco Spark Board」は、会議のデジタル化によって会議を効率化することを狙った、多機能型の会議用ディスプレイ端末である。(1)資料のプレゼンテーションと共有をワイヤレスで行える機能、(2)タッチパネルを活用したデジタルホワイトボード機能、(3)ビデオ会議機能、の3つの機能を提供する。

Cisco Spark Boardの外観
(出所:シスコシステムズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 資料はスマートフォンなどからクラウドを介してディスプレイに表示できる。会議中に使うホワイトボードは、パソコンなどとリアルタイムに画面を共有し、複数人で同時に書き込みながら議論できる。書き込んだ情報は、クラウドに保存して共有できる。

 インフラ基盤として、クラウド型の統合コミュニケーションサービスでチャットやビデオ会議や資料共有などの機能を備えた「Cisco Spark」を使う。Cisco Spark Boardの操作はボタンひとつだけであり、簡単に使えることを目指している。

 Cisco Spark Boardを使って資料を表示する方法は2つある。画面出力ケーブルで接続するやり方と、専用のアプリケーションをインストールしたスマートフォンやパソコンからワイヤレスで行うやり方である。

 ワイヤレスで資料を表示する仕組みは、スピーカーから出力する超音波でスマートフォンなどの端末とペアリングした上で、クラウドを介して画面データを転送して表示するというもの。この仕組みによって、アプリケーションさえインストールしておけば、会議室に居さえすればゲストでも資料を表示できる。

Cisco Spark Boardの概要
用途と機能多機能型の会議用ディスプレイ端末
ディスプレイサイズは55インチでタッチパネル付き
提供する機能■資料のプレゼンテーションと共有をワイヤレスで行える機能
■タッチパネルを活用したデジタルホワイトボード機能
■ビデオ会議機能
インフラ基盤チャット/ビデオ会議/資料共有などの機能を備えたクラウド型の統合コミュニケーションサービス「Cisco Spark」をインフラ基盤として使う
資料のプレゼンテーション機能の特徴ケーブル接続(HDMI)のほかにワイヤレス接続ができる。スピーカー出力(超音波)でペアリングした端末との間で、クラウドを介して画面データを転送する仕組み。専用のアプリケーションをインストールしてあればゲストでも利用できる
ホワイトボードの特徴パソコンなどとリアルタイムに画面を共有し、複数人で同時に書き込みながら議論できる。書き込んだ情報は、クラウドに保存して共有できる
ビデオ会議機能の特徴4Kカメラとマイクを内蔵。12個のマイクを使ったビームフォーミングによって話者の声を効率よく拾う
インターネットとの接続機能有線LAN(100-BASE-T)と無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)
外形寸法 高さ1283×幅814×奥行き49ミリメートル
重さ39.8キログラム
消費電力最大237ワット
市場想定価格50万円台から
発表日2017年月13日
出荷日2017年月13日