エンタープライズアプリケーション

製品&サービス

OMSS+給与明細電子化サービス、OMSS+身上異動届出サービス

【オービックビジネスコンサルタント】

給与明細や身上異動届出を電子化する人事労務クラウド

2017/04/21

日川 佳三=ライター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オービックビジネスコンサルタントの「OMSS+給与明細電子化サービス」と「OMSS+身上異動届出サービス」は、SaaS型クラウドサービスの形態で提供する、人事労務アプリケーションである。総務部門と従業員をつなぐ「紙の業務」を自動化し、時間を費やすことの多い、申請書の作成や明細書の送付といった一連の業務をクラウドサービスで実行する。

OMSS+給与明細電子化サービスの利用イメージ
(出所:オービックビジネスコンサルタント)
[画像のクリックで拡大表示]

 サービスの1つ、OMSS+給与明細電子化サービスは、これまで紙で配布していた給与明細を電子化するサービスである。人事給与ソフトの「給与奉行」と連携し、給与明細、賞与明細、源泉徴収票をPDF化し、従業員の雇用形態や勤務場所に応じて自動的に配付まで完了できる。これまで行っていた印刷、仕分け、封入、配送、配付といった作業が要らなくなる。

 従業員はマルチデバイス対応によって、いつでもどこでも明細書を確認できる。Web閲覧時のID/パスワード認証やファイルの暗号化、パスワード設定といったセキュリティ機能も提供する。

OMSS+身上異動届出サービスの利用イメージ
(出所:オービックビジネスコンサルタント)
[画像のクリックで拡大表示]

 サービスの1つ、OMSS+身上異動届出サービスは、住所変更や扶養家族の変動といった各種身上異動の申請をクラウド上で行えるようにするサービスである。これまで2つに分かれていた紙による届出(従業員)とシステムへの入力(業務担当者)の作業を一気通貫させる。申請データは、人事ソフト「人事奉行」でそのまま活用できる。

 OMSS+身上異動届出サービスでは、マルチデバイス対応によって、いつでもどこでも届出ができる。届出のためのワークフローも簡単に作成可能で、承認ルートを社内ルールに合わせて柔軟に設定できる。

OMSS+給与明細電子化サービス/OMSS+身上異動届出サービスの概要
用途と機能総務部門と従業員をつなぐ「紙の業務」を自動化し、時間を費やすことの多い、申請書の作成や明細書の送付といった一連の業務をクラウドサービスで実行する
提供形態SaaS型クラウドサービス
サービス品目■OMSS+給与明細電子化サービスは、これまで紙で配布していた給与明細を電子化する。給与明細、賞与明細、源泉徴収票をPDF化する。人事給与ソフトの「給与奉行」と連携する
■OMSS+身上異動届出サービスは、住所変更や扶養家族の変動といった各種身上異動の申請をクラウド上で行えるようにする。紙による届出(従業員)とシステムへの入力(業務担当者)の作業を一気通貫させる。申請データは、人事ソフト「人事奉行」でそのまま活用できる
価格(税別)■OMSS+給与明細電子化サービスは、30人までの場合に年額1万8000円など
OMSS+身上異動届出サービスは、50人までの場合に年額1万7500円など
発表日2017年3月27日
出荷日2017年3月27日

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ