セイコーソリューションズの「Time Server TS-2850」と「Time Server TS-2550」は、企業内のIT機器の時刻情報を合わせるためのNTPサーバー専用機である。時刻情報のソースとして、インターネット上にある上位のNTPサーバーではなく、GPSまたはテレホンJJYを利用する。企業内ネットワーク向けにNTPの最上位層(Stratum-1)として運用することを想定している。

Time Server TS-2850/TS-2550のオプションである時刻監視機能の概要
(出所:セイコーソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 時刻情報のソースに応じてモデルが分かれる。上位モデルのTS-2850は、GPSとテレホンJJYのいずれも利用可能。1台でどちらの情報ソースも利用できる。一方、下位モデルのTS-2550は、GPSとテレホンJJYのいずれかを利用できる。購入時にどちらの情報ソースを利用するかを選択する。TS-2550では、GPS用とテレホンJJY用で価格も異なる。

 オプションの時刻監視機能を使うと、社内のサーバー資源の時刻が合っているかどうかを監視できる。Time Server TS-2850/TS-2550から社内のサーバー資源に対してNTPでアクセスし、NTPの応答を見て時刻のズレを調べる。このため、監視対象はNTPサーバー機能が動作しているサーバー資源に限られる。

 時刻のズレを検知した際には、メール通知やSNMP通知で管理者に知らせることができる。また、時刻のズレの統計情報データをCSV(カンマ区切り形式)で出力することも可能である。監視対象となるサーバー資源は、最大で128台まで登録できる。監視ポリシー(時刻誤差や遅延時間の許容範囲)は、4パターンまで設定できる。

Time Server TS-2850/TS-2550の概要
用途と機能NTPサーバー専用機。企業内ネットワーク向けにNTPの最上位層(Stratum-1)として運用することを想定している
時刻情報のソースGPSまたはテレホンJJY(電話回線を利用)
オプションの時刻監視機能■配下のNTPサーバーなどのような、NTPサーバー機能を備えた社内のサーバー資源に対して、Time Server TS-2850/TS-2550からNTPのリクエストを投げる。これにより、社内のサーバー資源の時刻のズレや、NTPサーバーとの通信状況が分かる
■時刻のズレを検知した際にメールやSNMPで通知する運用も可能
■時刻のズレの統計情報データをCSV形式で出力することも可能
■監視対象は最大128台まで登録可能。監視ポリシー(時刻誤差や遅延時間の許容範囲)は4パターンまで設定可能
内蔵水晶精度日差10ミリ秒
消費電力29ワット
形状1Uラックマウント大
価格(税別)■Time Server TS-2850(GPSとテレホンJJYに両対応)は98万円
■Time Server TS-2550は、GPS用が70万円、テレホンJJY用が65万円
■オプションの時刻監視機能は、1台当たり6万2500円から
発表日2017年3月14日(オプションの時刻監視機能)
提供開始日2017年3月31日(オプションの時刻監視機能)