イスラエルのInfinidatの「InfiniBox」は、大容量キャッシュで高速化を図ったハードディスクベースの1次ストレージである。SAN/NAS統合ストレージとして利用する。汎用PCサーバー機と自社開発のストレージソフトを組み合わせて開発している。

InfiniBoxの概要
(出所:SCSK)
[画像のクリックで拡大表示]

 形状はシングルラック(42U)で、ハードディスクを480個搭載する。容量は最大2.7ペタバイト。コントローラーは3ノードをすべてアクティブ構成でつなぎ、負荷分散と高可用性を両立させた。性能は100万I/O毎秒で、可用性は99.99999%をうたう。

 最大の特徴は、大容量のニアラインSAS接続のハードディスク(HDD)をデータの記録用に用いつつ、HDDへの読み書きを高速化するキャッシュとして、メモリー(DRAM)の一部とSSD(ソリッドステートドライブ)を利用すること。

 メモリーは、書き込み時と読み出し時の両方でキャッシュとして使う。メインメモリーの最大容量は、最上位モデルのF6000の場合で3Tバイト。SSDは、読み出し時にキャッシュとして使う。SSDの最大容量は86Tバイト。

 InfiniRAIDと呼ぶ、データを細かく分割してすべてのHDDに分散して書き込む仕組みも特徴である。2個のパリティデータも生成する。これにより、アクセス性能を均質化しているほか、HDDの故障時や交換時のリビルド時間を短縮している。

InfiniBoxの概要
用途と機能大容量キャッシュで高速化を図ったハードディスクベースの1次ストレージ。汎用PCサーバー機と自社開発のストレージソフトを組み合わせて開発している
ストレージプロトコルSAN/NAS統合ストレージ
形状シングルラック(42U)にハードディスクを480個搭載。容量は最大2.7ペタバイト。コントローラは3ノードをすべてアクティブ構成でつなぎ、負荷分散と高可用性を両立させた
特徴大容量のニアラインSAS接続のHDDをデータの記録用に用いつつ、HDDへの読み書きを高速化するキャッシュとして、メモリー(DRAM)の一部とSSDを利用すること
キャッシュの使い方■メモリーは、書き込み時と読み出し時の両方でキャッシュとして使う。メインメモリーの最大容量は、最上位モデルのF6000の場合で3Tバイト
■SSDは、読み出し時にキャッシュとして使う。SSDの最大容量は86Tバイト
その他の特徴InfiniRAIDと呼ぶ、データを細かく分割してすべてのHDDに分散して書き込む仕組みを備える。2個のパリティデータも生成する。これにより、アクセス性能を均質化するほか、HDDの故障時や交換時のリビルド時間を短縮する
価格個別見積もりだが「5年間のTCOで比較すると既存のハイエンド1次ストレージの3分の1程度」(SCSK)
発表日2017年2月23日
出荷日2017年2月23日
備考発表日/出荷日と価格は国内販売代理店であるSCSKの場合