ユニアデックスの「DataOcean」は、センサーをIoT化するクラウドサービスである。センサーデータをクラウドで収集したり、クラウドからデバイスを操作したりできるようになる。センサーデバイスを開発するメーカーに向けて販売する。デバイス開発者は、センサーをIoT化して顧客に販売できるようになる。

DataOcean(データオーシャン)の概要
(出所:ユニアデックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 クラウドで提供する機能は、「ユーザー管理」、「デバイス管理」、「収集・蓄積」、「監視・アクション」、「可視化・取得」、「遠隔操作」、「テナント管理機能」など。センサーデバイスとクラウドの通信には、IoTに適した軽量のメッセージ配信プロトコルであるMQTT(MQ Telemetry Transport)を使う。ネットワークには、ソラコムが提供するモバイル閉域網サービスを使う。

 クラウドとMQTTで通信する機能は、Linux上で動作するC言語のライブラリとしてデバイス開発者に提供する。デバイス開発者は、このライブラリを使うことによって、クラウドと通信するアプリケーションを簡単に開発できる。センサーをつないだIoTゲートウエイ機器の上でアプリケーションを動作させることで、さまざまなセンサーをクラウドにつなげられるようになる。

 クラウド上の各機能は、標準で提供するWebポータル画面から利用できる。さらに、クラウドの各機能を利用するためのWeb APIを公開しているので、デバイス開発者はデバイス管理用に独自のカスタマイズポータルを開発できる。

DataOceanの概要
用途と機能センサーをIoT化するクラウドサービス。センサーデータをクラウドで収集したり、クラウドからデバイスを操作したりできる。これによりデバイス開発者は、センサーをIoT化して顧客に販売できるようになる
対象ユーザーセンサーデバイスを開発するメーカー
提供する機能ユーザー管理
デバイス管理
収集・蓄積
監視・アクション
可視化・取得
遠隔操作
テナント管理機能
など
使い方標準で提供するWebポータル画面を介して各機能を利用できる
クラウドの各機能を利用するためのWeb APIも公開している(デバイス管理用に独自のカスタマイズポータルを開発できる)
通信基盤センサーデバイスとクラウドの通信には、IoTに適した軽量のメッセージ配信プロトコルであるMQTT(MQ Telemetry Transport)を使う
ネットワークには、ソラコムが提供するモバイル閉域網サービスを使う
価格基本料金とデバイス1台の利用料を合わせて月額数万円程度から
デバイスが増えるごとに、デバイス当たり数千円程度が加算される
最低利用期間は1カ月
発表日2017年1月18日
提供開始日2017年1月18日