インターネット上にファイルを保管し、PCだけでなくスマートデバイスからも読み書きできるようにする「オンラインストレージサービス」が広まりつつある。しかし、社内の業務システムに目を転じると、業務アプリケーションのデータストアや社内の情報共有に欠かせないファイルサーバーなど、社内に設置するストレージ機器も依然として重要な役割を果たしている。「オンラインストレージサービス」上で読み書きされるデータにしても、その大元は社内のストレージ機器に格納されたデータであることが少なくない。

 つまり、クラウド時代のデータ活用を考える上でも、社内に設置されたストレージ機器を賢く使いこなすことが重要になる。そこで、クラウド時代を迎えて、改めてストレージ機器には何が求められているのか?という点について、調査データと共に考えていくことにする。

非定型データの容量増加だけに目を奪われてはいけない

 下のグラフは年商50億円未満の「中小・小規模企業クラス」および、年商50億円以上500億円未満の「中堅企業クラス」のそれぞれに対し、「今後1年以内に新規導入または刷新/更新するサーバーと接続する最も重要なストレージ機器の用途」を尋ねた結果である。

 ここで、「サーバーと接続するストレージ機器」とは主に、「業務アプリケーションのデータストア」または「サーバーからCIFSなどを介してファイルを参照するファイルサーバー」を指している。

図●今後1年以内に新規導入または刷新/更新するサーバーに接続するストレージ機器について、最も重要度の高い用途(複数回答可)
[画像のクリックで拡大表示]

 一般に、データ量という観点では「業務システムデータ(定型データ)よりも文書ファイルデータ(非定型データ)の方が急速に増加しており、合計容量も後者の方が大きい」とされている。だが、「今後1年以内に新規導入または刷新/更新するサーバーと接続するストレージ機器」に注目すると、両者は同程度、あるいは業務システムデータ用途の方が高い割合を示していることがわかる。

 非定型データの容量増加に注目が集まりがちだが、定型データを扱うシステムについても効率的な管理/運用のための改善を心がけることが重要といえるだろう。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。