• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

編集長の眼

2016/11/16 ITpro

 日経BPのIT系専門誌の編集長が、IT業界の動向や最新技術について、専門分野の視点で解説します。

目次

  • 親譲りの「借金王」となったPepper君、打開策はあるか

     ソフトバンクグループでヒト型ロボット「Pepper」を開発・販売するソフトバンクロボティクスが、2017年3月末時点で314億円の債務超過だったことが話題になっている。ソフトバンクの有価証券報告書を基に日本経済新聞が2017年7月12日に報じた。(2017/7/14)

  • メルカリのセキュリティ事故から想う「生涯一エンジニア」

     6月22日、フリーマーケットサービスのメルカリでセキュリティの事故が発生した。ユーザーの個人情報が誤ってサーバーにキャッシュされ、他のユーザーに表示されてしまう、といったものだ。この事故に対し驚いたのは、メルカリの対応が速かったことだ。(2017/7/12)

  • 情報処理安全確保支援士試験、受験してみてネガティブ意見にもの申す

     筆者は4月16日、情報処理安全確保支援士試験を受験した。自信がなかったので合格発表は見ないぐらいのつもりだったが、やはり気になって発表とほぼ同時にサイトで確認した。結果はといえば、なんとか合格していた。(2017/7/5)

  • 都民ファースト圧勝も、どうなる東京都のFinTechセンター構想

     2017年7月2日に投開票が行われた東京都議会議員選挙は小池百合子知事が率いた「都民ファーストの会」の圧勝で終わった。だが、都が進める東京版金融ビッグバン構想の実現には国との連携が成否の鍵を握る。FinTechを軸に、金融センターの地位を取り戻せるか。(2017/7/4)

  • シスコのヴィプテラ買収はSD-WANの「終わりの始まり」か

     少し前の話題になるが、米シスコシステムズが現地時間5月1日に、ネットワークベンチャー企業であるヴィプテラ(Viptela)を、6億1000万ドルで買収する意向を明らかにしました。筆者も「ついに来たか」と実感しつつ、「いよいよ終わりの始まりか」とも思いました。(2017/6/26)

  • 目から鱗の簡単サーバーレス、すぐやるべき

     米アマゾンウェブサービス(AWS)の「AWS Lambda(ラムダ)」といえば、ストレージにデータが書き込まれる、設定した時刻になる、といったイベントに基づいて、JavaScriptやPythonなどの比較的軽量なコードを実行するサービスだ。(2017/5/31)

  • 「ブロックチェーンよりMac対応を」、法人ネット口座の悲しい現実

     筆者は3年前、ある理由で法人インターネット口座を開いたことがある。おののいた後、すぐに利用をやめた。そこに広がっていたのは、1990年代から時が止まったのではないかと思われる、利便性の極めて低いウェブサイトだった。(2017/5/23)

  • ソフトバンク10兆円ファンド、設立の決め手は「水晶玉」

     ソフトバンクグループが、サウジアラビアの政府系ファンドなどと設立した10兆円規模の巨額ファンド。米トランプ大統領の中東訪問に合わせて発表する派手な演出で華々しくスタートすることになった。ソフトバンクの孫正義社長が設立を決めたきっかけは、ある出来事だった。(2017/5/23)

  • ますます訳が分からない、SEはいったい何をする人?

    「システムエンジニア(SE)って、よく分からないけど格好良さそうなので希望してみた」。1990年当時、友人のN君が金融機関の就職面接の後、言った言葉だ。あれから27年立つ今、SEという呼び名の職種は、定義や実態がまたよく分からなくなってきている。(2017/5/12)

  • 次の脅威は「ビジネスメール詐欺」、手口はまるでオレオレ詐欺

     ここにきて、また新たなサイバー攻撃の脅威が注目を集めている。「ビジネスメール詐欺」である。筆者は初めてビジネスメール詐欺という言葉を聞いたとき、「標的型攻撃メール」の話か、と思って聞き流しそうになった。しかしさにあらず。(2017/4/27)

  • 玄人もハマるネットワークループの罠

     「ネットワークトラブルはなくならない。そして繰り返す」。その最たるものがネットワークループだ。ネットワークエンジニアの誰もが一度は経験するトラブルといっても過言ではない。(2017/4/20)

  • 取材中にドローンが墜落、目撃したときに感じた寒気と使命

     ドローン(小型無人機)の墜落現場に居合わせた。2017年3月10日の取材中だった。ソフトバンクが実施した、北海道倶知安町のスキー場でドローンを飛ばす実験での出来事だ。(2017/4/12)

  • クラウドに移行してもコストは減らない

     「パブリッククラウドサービスに既存システムをそのまま移行してコストが大きく下がるのは、オンプレミス(自社所有)環境のインフラに無駄があるケース。コスト削減に努めてきたなら、クラウド移行の目的には含めないほうがいい」。AWSやAzureなどのクラウドの導入支援を行うコンサルタントから聞いた言葉だ。(2017/3/24)

  • イチロー選手並みの集中力に?マインドフルネスを体験してみた

     「マインドフルネス」という言葉をご存じだろうか。メンタルトレーニングの一種で、瞑想を通じて心の状態を整えるというもの。仏教やインドのヨガで行われてきた瞑想を基に、宗教色を取り除いて開発された。これが今、企業の研修に取り入れられているという。(2017/3/14)

  • FinTechのLINEスタンプを作ったら売れなかった

     約3週間前、FinTechのLINEスタンプを作って「LINE Creators Market」にリリースしたが、ほとんど売れなかった。初めての試みだったが、たぶんもうやらないと思う。(2017/3/8)

  • 「責任者でてこい」から15年の惨状と期待

     「SoE(System of Engagement)」や「モード2」と呼ばれる、新たなサービスや事業を担うシステムの開発では、少人数のチームが当たり前。それを率いるPMやリーダーは多くの役割を担い、高いスキルが求められる。現状は人材不足だが、新たなユーザーPM/リーダーの出現を期待したい。(2017/3/1)

  • イスラエル出張で日本のセキュリティ産業を憂う、しかし憂いてばかりはいられない

    筆者は2017年1月末から2月の初めにかけて、イスラエル出張に行ってきた。テルアビブで1月30日~2月1日に開催されたサイバーセキュリティイベント「CyberTech 2017」に参加し、併せて同国のサイバーセキュリティ関係者に取材するためだ。イスラエルのサイバーセキュリティ産業の強さの片鱗を肌で感…(2017/2/21)

  • 社長の「セキュリティ無茶振り」に困っていませんか?

     「ウチのセキュリティ対策は大丈夫か?」――企業の経営層にとって、今やこの問いかけが頭から離れないのではないだろうか。高度化する標的型攻撃から100%逃れる術はない。一方でサイバー攻撃対策に神経質になるあまり、経営層がセキュリティ担当者に対して、「無茶振り」をするケースが見受けられるようになった。(2017/2/14)

  • 「プログラミングで論理思考が育つ」は本当か

     2020年に小学校でもプログラミング教育が必須化されるということで、プログラミング教室が盛り上がっている。プログラミング教室には、やはり小さな子を持つ親御さんから、「ウチの子もプログラミング教室に通わせたほうがいいのでしょうか?」という相談が多く寄せられているという。(2017/1/24)

  • 若手が知らない昔の技術MQ、クラウドではホットだ

     「メッセージキューイング(MQ)」というシステム連携方式をご存じだろうか。詳しくは後述するが、クライアント(システムあるいはシステムを構成するサービス)同士が、「キュー」と呼ぶ入れ物を介して、メッセージをやり取りする仕組みだ。(2017/1/18)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る