• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

編集長の眼

AIに追い出され編集長がクビになる日

大和田 尚孝=日経コンピュータ 2017/10/12 日経コンピュータ
日経コンピュータ編集長の大和田 尚孝

 人工知能(AI)の普及が進んでいる。囲碁や将棋でプロに勝つだけでなく、コールセンターに寄せられた顧客の質問に回答したり、工場設備の故障やサイバー攻撃の兆候を検知したりと、様々な事例が出てきている。

 今後どこまで広がっていくのか、日経コンピュータに掲載した記事などの事実を基に、AIとの対話を想像してみた。



編集長「日本経済新聞と英フィナンシャル・タイムズの調査では人に関わる2000種類の仕事のうち3割がロボットに代替可能なことが分かったというね。経理の仕事やレストランの店員などもAIの進化によってなくなる可能性が高いという調査もある。ざっくり言うと、単純作業はAIに任せて、人間は複雑な作業や創造的な仕事に専念するようになるのだろうか」

AI「大きな流れとしてはそうだと思います。編集長に分かりやすいように雑誌の編集作業を例に取れば、企業が発表した決算内容を伝える速報記事などはAIによって自動生成する実験が進んでいます。記事に盛り込む内容がある程度決まっているのと、過去の発表データや記事データが大量にあるため、AIが学習しやすく、代替しやすい業務と言えるでしょう」

編集長「そのとおりだ。発表内容を丸写しする記事を書いていたらいずれAIに職を奪われてしまうよと、記者にもよく注意しているんだ」

AI「でも、AIに代替されるのは単純作業だけでは済まない可能性があります」

編集長「というと?」

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ AI「例えば三井住友カードはクレジットカード会員...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【何がすごいの?「5G」5つの疑問】

    5Gはどれくらい速いの?

     第5世代移動通信システム(5G)の利用者が体感できる実効速度は、現行の4G(LTE)の100倍に当たる毎秒数百メガ~数ギガビット。携帯最大手のNTTドコモはそう想定する。通信条件の良いピーク時の実効速度は、サービス開始当初は毎秒数ギガビットにとどまるが、その後毎秒10ギガビット以上へと段階的に速ま…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る