• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

記者の眼

「僕は世界をリードしている自信がある」、老AI研究者の野望は膨らむ

田中 淳=日経コンピュータ 2017/01/05 日経コンピュータ

 金沢駅から電車とバスを乗り継いで約1時間。北陸先端科学技術大学院大学に務める、人工知能(AI)研究者の溝口理一郎氏(知識マネジメント領域サービスサイエンス研究センター特任教授)を訪問した。お会いしたのは約6年ぶりだ。

 溝口氏は68歳。同世代の研究者が引退モードになっていくなか、「まだ頭はよく回るし体力もある。あと10年は貢献したい」と笑顔で話す。

北陸先端科学技術大学院大学の溝口理一郎特任教授
[画像のクリックで拡大表示]

「オントロジー工学」を追究

 溝口氏は第2次ブーム時から日本のAI研究を牽引した研究者の一人で、第五世代コンピュータプロジェクトにも関わった。第11代人工知能学会会長(2006~08年)でもある。

 第2次ブームから活躍しているAI研究者の中でも、溝口氏は孤高の存在との印象が強い。かつてのAIの主流は「もし…ならば~せよ」というルール群を知識として利用するエキスパートシステムだった。同氏の主要研究テーマである「オントロジー工学」は、これらとは一線を画す。

 オントロジーは存在論のこと。オントロジー工学をごく単純化すると、物事の本質を追究して体系化し(概念体系と呼ぶ)、その結果をコンピュータで利用可能にする試みと言える。セマンティックWebなどのメタデータを使った関係付けと区別して、「深いオントロジー」とも呼ぶ。「僕はオントロジー工学では、世界をリードしている自信がある」。溝口氏はきっぱり話す。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ オントロジー工学では、モノとモノを切り分け、それ...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【IoTで快適オフィス】

    二酸化炭素濃度まで見える化、IoTで「快適空調」

     トイレや会議室と並んで、社員の不満が出やすいオフィス設備の一つが空調機器だ。温度や湿度など空気の状態は部屋の人数や動きによって変化しやすく、感じ方も人によって異なる。IoTの技術を使って空気の状態などを見える化し、空調設備などの制御を最適化するシステムの開発が活発になってきた。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る